ここから本文です

30年間変わらぬスペシャリテ!東京・三田の『コートドール』【山本益博の「私のお気に入り」126】

サライ.jp 7/5(火) 16:47配信

今年の2月に開店30周年を迎えた、東京・三田の『コート・ドール』。開店時と同じ料理やデザートが、いまだにメニューに載っているという、極めて稀なレストランです。

「赤ピーマンのムース」「エイの蒸し煮シェリー酢ソース」「牛尾の煮込み赤ワインソース」「ブランマンジェ」などなど。これらはオーナーシェフの斉須政雄さんが、パリのレストランで修業していた時代に、最後の修業先『ランブロワジー』のスペシャリテだったものです。

ピーマンもエイもキャベツも牛尾も、どれもごくありふれた食材です。そのありふれた大衆食材から、小さな奇跡を生み出しているところに、これらの皿の素晴らしさがあります。

「赤ピーマンのムース」は『コート・ドール』がメニューに載せると、日本全国のレストランではやり出しました。まさに一世を風靡した料理なのですが、30年間作り続けているのは、きっとここだけではないでしょうか。

スプーンですくえば、赤ピーマンの香りが広がり、そこへ下に敷いてあるトマトのクーリ(ジュース)を添えれば、トマトの香りと酸味が加わ って味わいは渾然一体、得も言われぬ美味しさが口の中を占領します。

『コート・ドール』では、今はやりの「泡のソース」など出てきません。斉須シェフは、この30年間、脇見をせずに食材と正面から向き合い、妥協のない、素直で簡潔な料理を作り続けてきました。

いま、私が日本で最も尊敬するフランス料理のシェフです。

【コート・ドール】
住所/ 東京都港区三田5-2-18 三田ハウス1F
TEL/03-3455-5145
営業時間/【昼】12:00~13:00(L.O)、【夜】18:00~20:30(L.O)
定休日/月曜・第2火曜・第4火曜・夏期休暇(8月中旬頃)、年末年始

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

最終更新:7/5(火) 16:47

サライ.jp

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。