ここから本文です

ココ・ロシャ、モデルたちの指南役に!

VOGUE JAPAN 7/5(火) 22:01配信

カナダ人モデルのココ・ロシャ(27)がノマド・モデリングでモデルたちの指南役に就任した。ココはツイッターで同社の株式と経営権を取得したと発表し、今後はモデルたちの相談を受けたり、キャリアのアドバイスをしたりする役目を担うことになった。

ココ・ロシャの関連フォトギャラリー。

ココは15年間以上のキャリアの中で経験してきたさまざまな問題をこの役に活かせると思っているようで、「この10年、世界でもトップレベルのたくさんのモデル事務所と携わってきて、モデルのキャリアを管理していく上で何が上手くいって、何が上手くいかないかを見てきたの。未成年のモデルたちへのさらなる倫理的な配慮、会計実務の透明性を業界のトップの人たちに率直に求めてきたわ。そして、今日のモデルたちにあまりにも多く向けられているプレッシャーや不健全な期待についても口を開いてきた」と話す。

また、ココはモデルたちに、健康的な食生活や、それぞれのキャリアの管理についても助言をするつもりだという。「モデル達に会計内容や、どうやって記録や税金をつけているのか、どんな質問を聞くべきなのかなどをちゃんと説明して欲しいって私の会計士には言ったわ。退屈なトピックであるのと同時に、キャリアの早い段階で学ぶのがとても大事なのよ。最初の数年は、自分の会計について何にも知らなかったの。そのとき誰かが教えてくれていたらと思うわ。スタイリング、新しいクライアントへどうやって自分を見せるか、自分の振る舞いついても同じことが言えるわ。食事で問題を抱えている子がいたら、世話をしなければならないの。モデルたちの手助けをして、道を示してあげなきゃならない」。

Text by Bangshowbiz

最終更新:7/5(火) 22:01

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。