ここから本文です

名古屋発の元祖台湾ラーメン「味仙」東京初進出

KAI-YOU.net 7/5(火) 18:28配信

愛知県・名古屋発祥の台湾料理店「郭 政良 味仙」が、8月2日(火)、東京・神田に新店舗をオープンする。

【唯一無二の激辛ラーメン店「味仙」関連画像】

激辛な台湾ラーメンを提供する店の元祖として知られる同店は、これが初の東京進出となる。

名古屋発祥 元祖台湾ラーメンの「味仙」

「味仙」(みせん)は、愛知県・名古屋市内に8店舗、中部国際空港内に1店舗を構える台湾料理の専門店。

同店の代名詞ともなっている名物メニュー「台湾ラーメン」は、ニンニクと唐辛子を効かせた秘伝の醤油ベースのスープにミンチと青ネギ、もやしがふんだんに入った激辛商品。「辛いのにもう一度食べたくなる!」とリピーターを増やし続けている人気メニューだ。

しかしながら、この台湾ラーメン、名前に反して本場台湾にはなく、「味仙」が独自に開発したオリジナル料理。本国の担仔麺(タンツーメン)をベースに激辛にアレンジしたのがはじまりで、もともとは従業員用のまかない料理だった。80年代の激辛ブームを追い風に、一気にブレイクを果たした。

また、辛いのが苦手な人のために、辛さをマイルドにした「台湾ラーメン アメリカン」も提供している。

元祖台湾ラーメンが東京でも味わえる

そんな名古屋を代表するご当地グルメ・台湾ラーメンを味わえる「味仙」が東京に初進出。JR神田駅から徒歩約2分の立地にオープンする。

もちろん台湾ラーメン以外にも様々なメニューを網羅しているので、まだ体験していない人も是非とも味わってみてほしい。

コダック川口

最終更新:7/5(火) 18:28

KAI-YOU.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。