ここから本文です

八代亜紀、『ファインディング・ドリー』に“本人役”で登場!? 初登場シーンの本編映像公開

リアルサウンド 7/5(火) 5:00配信

 7月16日公開の映画『ファインディング・ドリー』の日本語吹替版に、八代亜紀が本人役で登場することが発表され、あわせて本編映像が公開された。

 本作は、ディズニー/ピクサー歴代興収No.1を記録した『ファインディング・ニモ』の続編。ナンヨウハギのドリーが“家族の思い出”とその秘密を求めて、ニモやマーリンとともに冒険する模様を描く。

 日本版エンドソング「アンフォゲッタブル」を担当する八代は、ドリーが迷い込む海洋生物研究所のアナウンス役として、“八代亜紀本人役”で登場する。公開された本編映像には、八代の初登場シーンが収められており、海の中で迷子になったドリーが「こんにちは。八代亜紀です」というアナウンスを聞き、その声に向かって「ああ、どうも、八代さん。助けてもらえない?」と話しかける模様が捉えられている。

 本人役で登場することについて八代は、「アニメーションで八代亜紀役の出演は初めてでした。『八代さん!』とドリーが言うセリフにはびっくりしましたね」とコメント。続けて、「ドリーのセリフを聞いてとても面白いなって思いました。なんか不思議な感じでしたね。これからどうなるのかなとワクワクしました」と、物語の重要なシーンで登場することに期待を寄せながら、「監督に八代亜紀の“声”のまま淡々とした感じでと言われたんです。歌ではずっと抑揚をつけるということを何十年もしていますから、抑揚がいらないと言われてとても難しかったですね」と、声優の難しさを語った。

 なお、日本語吹替版で八代が担当する海洋生物研究所のアナウンス役には、各国の有名スターが“本人役”として登場する。字幕版では、『エイリアン』シリーズ、『アバター』のシガニー・ウィーヴァーが担当。ウィーヴァーはBBCの自然ドキュメンタリー・シリーズ『プラネットアース』のアメリカ版ナレーションを担当しており、自然の映像とのマッチングを面白いと感じたアンドリュー・スタントン監督がウィーヴァーに依頼し、本人役での出演が決定した。スタントン監督は、「シガニーは本人役で登場することを嘘だと思っていたみたいだったけど、本人役で登場したら面白いと思ったんだ」と、起用の経緯を語っている。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/5(火) 5:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。