ここから本文です

究極の高みに至ったガラス工芸の粋を堪能!「生誕170周年 エミール・ガレ」展が開催中

サライ.jp 7/5(火) 18:10配信

アール・ヌーヴォーを代表するガラス工芸家、エミール・ガレの展覧会が、東京のサントリー美術館で開催されています。

19世紀後半から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパに沸き起こったアール・ヌーヴォー(新しい芸術)の潮流。そのなかで、フランス東部の古都ナンシーの工房を拠点に、ガラス・陶芸・家具において独自の表現世界を展開したのがエミール・ガレ(1846~1904)です。

ガレの作品は、器であれテーブルであれ、用途にとどまらない強いメッセージ性が人々の心をとらえました。

本展では、その創造の源となった「祖国」「異国」「植物学」「生物学」「文学」の5つの観点から、ガレの芸術を捉え直し、究極の高みに至ったガラス工芸の粋を見せてくれます。

本展の見どころをサントリー美術館・学芸副部長の土田ルリ子さんにうかがいました。

「透明でもろく儚いという概念を遥かに超え、幾重にもメッセージを放つガラスの彫刻に行きついたガレ。本展は、この究極の姿へ導いた5つの柱を辿りながら、彼の真骨頂を探る試みです。

サントリー美術館のガレ・コレクションから選りすぐりの100件に加え、初出品となる国内コレクション約20件をご紹介。また、オルセー美術館の特別協力により、彼の鋭い洞察力と工房の再現力の高さを示す貴重なデッサンや日本未公開のガラス作品も展示されます。ご期待ください」

詩情豊かな光と影。ガレ・ワールドの真髄を、会場でじっくりご鑑賞ください。

【オルセー美術館特別協力 生誕170周年 エミール・ガレ】
■会期/2016年6月29日(水)~8月28日(日)
■会場/サントリー美術館
■住所/東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
■電話番号/03・3479・8600
■料金/一般1300円 大学・高校生1000円 ※中学生以下無料、障がい者手帳所持者と介護者1名は無料
■開館時間/10時から18時まで、金・土曜日、7月17日、8月10日は20時まで(入館は閉館30分前まで)
■休館日/火曜日(ただし8月16日は開館)
■アクセス/地下鉄都営大江戸線六本木駅出口8より直結、東京メトロ日比谷線六本木駅より地下通路で直結、東京メトロ千代田線乃木坂駅出口3より徒歩約3分

最終更新:7/5(火) 18:10

サライ.jp

Yahoo!ニュースからのお知らせ