ここから本文です

「メッシはバルサで引退する」恩師ペップ、獲得の意思はないことを強調

フットボールチャンネル 7/5(火) 7:20配信

 先日アルゼンチン代表の引退を表明しサッカー界に衝撃を与えたリオネル・メッシだが、どうやらバルセロナとの絆は不変のもののようだ。4日、イタリア『カルチョメルカート.com』が報じている。

 今季よりマンチェスター・シティの指揮官を務めるメッシの恩師ジョゼップ・グアルディオラ監督は、同選手を獲得するという噂を真っ向から否定している。「残念ながら彼を獲得することはないよ」と明かすと、「バルセロナでキャリアを終えるだろう」と持論を展開している。

 これまでバルセロナのシンボルとして活躍し続けてきたメッシだが、近年は脱税問題などもありシティやパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が噂されてきた。しかし、シティの新監督であるグアルディオラ監督が否定したことで、バルセロナ残留の可能性が高まった形だ。

 メッシにとってアルゼンチン代表での冒険は苦難の連続となってしまった。一方でバルセロナでの生活はこのまま順風満帆に進むのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:7/5(火) 7:33

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。