ここから本文です

モラタ、やはりレアル退団必至か。クラブに待遇向上を要求

フットボールチャンネル 7/5(火) 7:40配信

 スペイン代表FWアルバロ・モラタは、やはりレアル・マドリーを退団するのかもしれない。3日付けスペイン紙『アス』が報じた。

 ユベントスから古巣であるマドリーに復帰が決まったモラタ。しかし、同選手はクラブと給与面で話し合いをする必要があり、ユベントス時代の年俸400万ユーロ(約4億6000万円)以上を望んでいるとのこと。

 モラタにはアーセナルが年俸900万ユーロ(約10億円)のオファーを提示しており、同選手はクラブに“それ相応”の待遇を望んでいるとみられている。しかし、クラブ側はユベントス時代以上の年俸を支払うつもりはないようだ。

 古巣への復帰したものの、モラタは“転売”の可能性も強いと噂されている。引き続き同選手の去就に注目が集まりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/5(火) 7:50

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。