ここから本文です

『ジャングル・ブック』日本語吹替版予告編公開 松本幸四郎、宮沢りえらが動物たちに命を吹き込む

リアルサウンド 7/5(火) 10:00配信

 8月11日に公開されるディズニー映画『ジャングル・ブック』より、日本語吹替版予告編が公開された。

 本作は、『パイレーツ・オブ・カリビアン』のディズニー・スタジオが、“生きる力”をテーマに手がけたエンターテイメント巨編。ジャングルの動物たちの愛に守られ、オオカミの子として育てられた人間の少年モーグリが、様々な経験や出会いを通じて自身の生き方を模索し始め、ジャングルを変える力となっていく様を描く。

 このたび公開された日本語吹替版予告編では、黒ヒョウのバギーラ役の松本幸四郎、クマのバルー役の西田敏行、母親オオカミのラクシャ役の宮沢りえ、トラのシア・カーン役の伊勢谷友介が、それぞれ声優として参加したシーンの一部が収められている。また、主人公モーグリが、動物たちとの出会いを通じて、初めて自分の信じる道を突き進む姿も捉えられている。

 本作でメガホンを取った、『アイアンマン』シリーズのジョン・ファヴロー監督は「オオカミの子として育てられながらも、ジャングルでたった一人の人間であるモーグリは、自分の“個性”と向き合うことになる。そして、“自分らしく”生きていくことを見出していくんだ」とコメントしている。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/5(火) 10:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。