ここから本文です

マンU守備陣の要が「食中毒で転倒」は嘘!? 英メディアがつかんだ真相は「サーフィンとクラゲ」

Football ZONE web 7/5(火) 16:08配信

スモ―リングが休暇先のバリ島で思わぬ災難

 マンチェスター・ユナイテッドはイングランド代表DFクリス・スモーリングが、休暇中のインドネシアのバリ島で食中毒の挙句に転倒したと発表したが、故障の真相を隠蔽した可能性が浮上している。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 欧州選手権16強でアイスランド相手に逆転負けを喫したイングランド代表DFのスモーリングだが、常夏のリゾートで旅行を楽しんでいたところ悲劇に見舞われた。頭と左手に包帯を巻き、首にはコルセット、点滴も打たれながら担架で病院に搬送されながらも、ファンのサインに応じるスモーリングの切ない画像が流出している。

 ユナイテッドは「クリス・スモーリングが休暇中に食中毒となった。その結果、日曜日に意識を失う結果となった。病院に運ばれ、今は回復している」との声明を発表した。

 だが、スカイは選手に近い関係者から「サーフィン中に転倒し、クラゲに刺された」という証言を報道。「我々の報道とは異なる」と指摘している。

モウリーニョ新監督へのアピールに失敗

 小国のアイスランドに力負けしたイングランド代表選手への風当たりは、英国内で強い。特集でも「スモーリングはガールフレンドのモデル、サム・クックと休暇中だった。EURO16強のアイスランド戦でのイングランドの赤っ恥な敗北後に」とまで報じられていた。

 食中毒かサーフィンとクラゲによる故障が真実か不明だが、ジョゼ・モウリーニョ新監督へのアピールにいきなり失敗したことだけは間違いなさそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/5(火) 16:08

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革