ここから本文です

“コンテ・チェルシー”に悪童FW「100%残留」か スペイン代表2トップで逆襲へ

Football ZONE web 7/5(火) 20:00配信

昨季不調のジエゴ・コスタは「新革命」の軸 獲得目指すモラタとのコンビ結成なるか

 チェルシーの新監督に就任するアントニオ・コンテ監督は、アトレチコ・マドリード復帰が噂されるスペイン代表FWジエゴ・コスタの残留を熱望している。イタリア人指揮官は、自身の代名詞とも言える攻撃的な4-2-4システムをチェルシーでも採用し、コスタとスペイン代表FWアルバロ・モラタ(レアル・マドリード)のコンビを前線の柱に据えたいと考えているようだ。英紙「デイリー・テレグラフ」が報じた。

伊紙がFW10人の去就を大予想 あのビッグネームの新天地は?

 チェルシーは昨季の陣容からすでにコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ、元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトの2人の退団が決定。フランス代表FWロイク・レミーも事実上戦力外となっている。その代わりに、マルセイユからベルギー代表FWミシー・バチュアイを獲得して戦力の刷新を図っているが、コンテ監督が理想とするのはスペイン代表コンビの結成だという。昨季リーグ戦12得点のコスタとレアルからの引き抜きを狙うモラタを軸に据えたいと考えているようだ。

 相手選手への挑発行為や荒々しいプレースタイルに批判も飛び交うコスタには、アトレチコへの復帰が噂されている。それでも記事では「コスタはチェルシーに100%残留し、アントニオ・コンテの新革命の一員となる」と報じられているように、新監督からの信頼は厚いようだ。

 また、モラタ獲得が失敗に終わった際の代替候補として、欧州選手権(EURO)で活躍したイタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレ(サウサンプトン)もリストアップされているという。

ユーベでも使用した4-2-4システムに挑戦か

 その他にも、レスターのフランス代表MFエンゴロ・カンテ、ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリにも熱視線を送っているというコンテ・チェルシー。コンテ監督はバーリ時代に愛用し、ユベントスでも挑戦したウインガーを高い位置に押し上げる4-2-4システムでプレミアリーグに挑戦するつもりのようだ。「テレグラフ」紙によるコンテ監督の望む予想スタメンは、以下のとおりになっている。

<システム:4-2-4>
GK
ティボー・クルトワ

DF
ブラニスラフ・イバノビッチ
カリドゥ・クリバリ(現ナポリ)
ギャリー・ケイヒル
セサル・アスピリクエタ

MF
セスク・ファブレガス
エンゴロ・カンテ(現レスター)

FW
ウィリアン
ジエゴ・コスタ
アルバロ・モラタ(現レアル) or ミシー・バチュアイ
エデン・アザール

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/5(火) 20:00

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。