ここから本文です

マルセロ、将来の夢はフットサル転向? 「引退前の最高のオプション。ぜひ叶えたい」

フットボールチャンネル 7/5(火) 10:51配信

 レアル・マドリーのマルセロの夢はフットサルをプレーすることのようだ。スペインフットサル雑誌『フットサル360』でのインタビューで語った。

 マルセロは幼少期にフットサルをプレーして足元の技術を磨いた。その後、サッカーを始めてブラジル代表に選出されるほどの名選手となっている。

 2度のチャンピオンズリーグ優勝など数々のタイトルを獲得し、輝かしいキャリアを歩んでいるマルセロだが、夢は再びフットサルをプレーすることであるという。

「まだたくさんの叶えたい夢があるよ。でも短い期間で叶えたい夢ははっきりとある。カイオ(※)と一緒にまたフットサルがしたいんだ。サッカーを辞めて、引退する前の最高のオプションだと思うよ。ぜひ叶えたいね」

(※)カイオ・アウヴェス。マルセロがフットサルをプレーしていたフルミネンセ時代からの親友で、現在はスペインフットサル1部のDLINKサラゴサでプレーしている。

 マドリーとは2020年まで契約を残しており、契約終了時にマルセロは32歳となる。また、最近では元マンチェスター・ユナイテッドのポール・スコールズ氏や元バルセロナのデコ氏がインドでフットサル選手として現役復帰を果たしている。

フットボールチャンネル

最終更新:7/5(火) 10:58

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。