ここから本文です

「メッシの涙を見るのは心が痛い」 C・ロナウドが好敵手の代表引退に同情&復帰を熱望

Football ZONE web 7/5(火) 23:11配信

「彼は敗北、落胆することに慣れていない」と気持ちを慮る

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)が永遠の好敵手、バルセロナFWリオネル・メッシのアルゼンチン代表からの引退宣言に心を痛めている。スペイン地元紙「ムンド・デポルティーボ」が報じている。

【写真特集】マラドーナの後継者と期待された「アルゼンチンの天才10人」

 欧州選手権4強でレアルのチームメイト、FWギャレス・ベイルの君臨するウェールズと対決するロナウドだが、世界最高選手の座を二分してきたバルサの天才の悲運に心を痛めている。

「メッシは難しい選択を下した。みんな理解を示すべきだ。彼は敗北、そして落胆することに慣れていないんだ。2位で終わるということにもね。ペナルティーキックをミスしたからといって、悪い選手になるわけではない」

 傷心のまま大会を終えたライバルについて、ロナウドはこう語ったという。メッシはA代表で初となるタイトル獲得を目指してコパ・アメリカ・センテナリオ(南米選手権)に臨んだが、決勝チリ戦でPK戦の末に敗れた。それも1人目のキッカーを務めたメッシ自身がPKを失敗して負けたことから、試合後のピッチでは涙に暮れていた。

「メッシには代表が必要なんだ」

 そして、直後にアルゼンチン代表からの引退を表明し、フットボール界に衝撃が走った。その様子を目にしたロナウドも、同情の気持ちを禁じ得なかったようだ。

「メッシの涙を見るのは心が痛いよ。彼が代表に戻ることを願っている。なぜなら、彼には代表が必要なんだ」

 メッシは14年ブラジル・ワールドカップ、15年南米選手権チリ大会と3大会連続で決勝で敗れる悲運を味わった。エル・クラシコで何度も鎬を削ったロナウドの言葉は、悲しみのエースの心にどう響くのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/5(火) 23:11

Football ZONE web