ここから本文です

広島、新外国人ストライカー獲得か。浅野のアーセナル移籍で代役確保へ

フットボールチャンネル 7/5(火) 15:06配信

 U-23日本代表FW浅野拓磨のアーセナル移籍が決まったサンフレッチェ広島は、新たな外国人ストライカーの獲得に迫っているようだ。

 複数の関係者によれば、広島はブラジルのトンベンセに所属するFWアンデルソン・ロペスの獲得が間近だという。また、選手は近く来日する見込みとなっている。

 ブラジル国籍で22歳のアンデルソン・ロペスは、身長180cmで左利きのセンターフォワード。今年1月にトンベンセからアトレチコ・パラナエンセに期限付き移籍し、4試合にに出場(うちフル出場は1試合)して得点はなかった。

 アトレチコ・パラナエンセの前にはアヴァイにも期限付き移籍しており、1年半で通算58試合に出場して9得点11アシストを記録している。

 前年度Jリーグ王者の広島は現在年間総合で4位。日本代表にも選出されたエース売却は痛手となるが、すでに代役の確保に動いているようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/5(火) 16:28

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。