ここから本文です

リオ五輪挑むU-23日本代表、背番号を発表。中島翔哉が10番返り咲き、OA枠の興梠は13番

フットボールチャンネル 7/5(火) 19:19配信

 日本サッカー協会(JFA)は、リオ五輪に臨むU-23日本代表メンバーの背番号を発表した。

 1日のメンバー発表の際には背番号は明らかにされていなかったが、バックアップメンバーも含めた背番号が明らかとなった。

 オーバーエイジ枠として出場する藤春廣輝は「4」、塩谷司は「6」、興梠慎三は「13」となり、10番は中島翔哉が背負うこととなった。

 2014年1月からU-23日本代表では10番を付けてきた中島だが、今年4月に膝の靭帯損傷のけがを負って以降は10番から遠ざかっていた。

 6月29日に行われた南アフリカ戦前には手倉森誠監督から「10番を取り返す力を表現してほしい」と発破をかけられていたが、見事に10番に返り咲きとなった。

 また、アーセナルへの移籍が決まった浅野拓磨は「16」となっている。背番号は以下の通り。

▼GK
1.櫛引政敏(鹿島アントラーズ)
12.中村航輔(柏レイソル)

▼DF
4.藤春廣輝(ガンバ大阪)
6.塩谷司(サンフレッチェ広島)
15.亀川諒史(アビスパ福岡)
2.室屋成(FC東京)
17.岩波拓也(ヴィッセル神戸)
5.植田直通(鹿島アントラーズ)

▼MF
8.大島僚太(川崎フロンターレ)
3.遠藤航(浦和レッズ)
7.原川力(川崎フロンターレ)
9.矢島慎也(ファジアーノ岡山)
10.中島翔哉(FC東京)
18.南野拓実(ザルツブルク)
14.井手口陽介(ガンバ大阪)

▼FW
13.興梠慎三(浦和レッズ)
11.久保裕也(ヤングボーイズ)
16.浅野拓磨(サンフレッチェ広島)

▼バックアップメンバー
22.GK杉本大地(徳島ヴォルティス)
20.DF中谷進之介(柏レイソル)
21.MF野津田岳人(アルビレックス新潟)
19.FW鈴木武蔵(アルビレックス新潟)

フットボールチャンネル

最終更新:7/5(火) 19:32

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)