ここから本文です

アーセナル移籍の舞台裏――浅野が広島を離れる決断をした理由

SOCCER DIGEST Web 7/5(火) 17:29配信

「もっと広島のために頑張るべきではないか、と」考えることもあった。

 アウクスブルクとの移籍交渉は進んでいた。海外移籍の交渉事は並大抵ではいかないが、一つひとつ階段を登ろうとしていたその時に、驚きの連絡が足立修強化部長(広島)のもとへ届いた。
 
「アーセナルが、浅野拓磨に正式オファーを出す」

 焼き鳥で一杯やっていた足立部長の酔いは、一気に醒めた。
 アーセナルは、本気だった。スタッフが来日し、広島側と交渉を進めたいという意向を示していた。しかも、このオファーはアーセン・ベンゲル監督の強い意志が働いていたという。
 
「来日したスタッフに与えられた監督からのミッションはただひとつ、浅野拓磨と契約すること」

 足立部長は後に、そう聞かされた。労働ビザ獲得のための「最近2年間の国際Aマッチに75%出場」という条件についても、「ベンゲル監督が特例処置を獲得すべく自ら動く」という強い意志がクラブに伝えられた。
 
「クラブ史上最高額」(織田秀和社長)の移籍金も含め、「ジャガーに惚れ込んでいる」と言っていいメッセージの数々は圧倒的。あとは、意志の問題だけだった。
 
 このビッグクラブからのオファーが伝えられた時、さすがに21歳の若者は驚きを隠せなかった。
 
「マジか、という感じでした。僕自身、世界ではまだまだアピールできていないと思っていたから」
 
 海外のサッカー事情には決して詳しくない浅野にしても、さすがにアーセナルがどういうクラブなのかは、知っていた。チリ代表のFWアレクシス・サンチェスは、今まで浅野がゴールのイメージを創るために映像を見ていた選手。思いは高まった。
 
 だが一方で、考えるところもあった。
「確かに、海外でのプレーには挑戦したい。ただ、どこのチームに行くかを選択する前に、広島でもっとやらないといけないのでは、とも思ったんです。僕はまだまだ、広島のためになにもできていない。もっと広島のために頑張るべきではないか、と」
 
 確かに彼は昨年、優勝に貢献したとはいえ、8得点はすべて途中出場から。チャンピオンシップでのゴールも同様だった。今季は繰り返された負傷もあって第1ステージは2得点に止まっている。日本代表でもプレー機会は少なく、ゴールもPKの1点だけ。

1/2ページ

最終更新:7/8(金) 1:17

SOCCER DIGEST Web