ここから本文です

【EURO2016】3週間で100億円アップ!? イタリア代表選手の価値が急騰中!

SOCCER DIGEST Web 7/5(火) 6:00配信

あのPK失敗のペッレも倍増に。

 EURO2016での大健闘により市場価格が急騰。イタリア代表23人の合計で、およそ100億円の上昇が見込めるのではないか――。イタリア最大手のスポーツ紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、どこか誇らしげに、そんな試算を掲載している。
 
 それによるとイタリア代表23人の推定市場価格は、大会開幕前の2億7900万ユーロ(約390億6000万円)が現在は3億5000万ユーロ(約490億円)となり、ほんの3週間ほどで差し引き7100万ユーロ(約99億4000万円)の急騰が見込めるという。

【EURO2016】スター選手たちの“綺麗すぎる””妻&恋人たち

 個別に見ていくと、“BBC”の最終ラインをよく機能させたレオナルド・ボヌッチは大会開幕前の3000万ユーロ(約42億円)が現在は5000万ユーロ(約70億円)超に。

 無尽蔵のスタミナを活かして攻守に貢献しつづけたエマヌエレ・ジャッケリーニと、強さと高さに物を言わせたポストワークで前線に基点を作りつづけたグラツィアーノ・ペッレは、どちらも600万ユーロ(約8億4000万円)が1200万ユーロ(約16億8000万円)に倍増しているという見立てだ。ペッレについては、「ドイツ戦での、あのPK(失敗)があったにもかかわらず」(ガゼッタ紙。以下同)と、わざわざ付け加えている。

 このほかでは、「ラツィオのクラウディオ・ロティート会長が5月の時点では800万ユーロ(約11億2000万円)の値札をつけていた。現在は少なくとも1000万ユーロ(約14億円)が必要になるだろう」としているMFのマルコ・パローロ。

「前回の冬の移籍市場では、ユベントスが1000万ユーロ(約14億円)をオファーしたと目される。ACミランは(移籍市場に流通させるのであれば)、最低でも1800万ユーロ(約25億2000万円)を要求するだろう」としているDFのマッティア・デ・シリオ。

 さらには、「今年1月にインテル・ミラノに移籍してから(不振により)800万ユーロ(約11億2000万円)にまで下がっていたが、EURO後は1200万ユーロ(約16億8000万円)に持ち直している」としているFWのエデルが特筆に値する。

 ガゼッタ紙は「あくまでも自社の評価であって、議論の余地はある」と但し書きをしているが、おそらく大きな異論は出てこないだろう。なお、ジャンルイジ・ブッフォンのみ、「大会開幕前からプライスレスだった」という理由で、評価の対象外としたそうだ。
 

1/2ページ

最終更新:7/6(水) 6:30

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。