ここから本文です

NYインディ・ロックの新進気鋭アーティスト、Mitskiとは

ローリングストーン日本版 7/5(火) 14:00配信

2014年の『Bury Me at Makeout Creek』でブレイクしたMitskiに、ニューアルバム『ピューバティー2』の制作について話を聞いた。



DIYで作られた会場やベースメント・ショーなど、さまざまなパンク・シーンで経験を積んできたミツキ・ミヤワキ。レコーディングやパフォーマンスを行う時だけファースト・ネームを使うミツキは、霧雨のある日、音楽制作とは関係のないブルックリン南部の倉庫にぶらり立ち寄った。ラッカ・チョコレート・ファクトリーで、ミツキは愛用していたバスと引き換えに、ヘア・ネットとゴム手袋を手に入れ、チョコレート作りの前に、その精製プロセスについて学んだ。彼女は繊細な手書きで"最年長、しょうが"などと名前をつけながら、慎重にチョコレート・バーを作る。自身の痛切な、時として驚くほど率直なパンク・ソングにも、同じように細心の注意を払ってきた彼女は、14年のアルバム『Bury Me at Makeout Creek』でこれらの曲を発表し、その才能を開花させた。

ミツキの感情に訴える歌詞には不意にシュガーが出てくることがあるので、ラッカは訪れるに相応しい場所のようだ。そんな彼女は、6月17日に強烈な印象のニューアルバム『ピューバティー2』をリリース。その先行シングルである『Happy』では、"幸せが私を訪ねてきた"、"彼は来る途中でクッキーを買ってきた"と感情を擬人化している。だがひねりのあるストーリー・ライン、インダストリアルのようなバッキング・トラック、そして不倫や殺人に直面する40年代のカップルを描いた気味の悪いビデオ映像など、明るい曲とは言いがたい。「この曲の大半は、欧米における典型的な"幸せ"について描いているの。それはエクスタシーと結びつけられて、私たちは常にそういった感情を味わうべきだと考えられているの」ミツキはラッカを訪れた後、お茶を飲みながら語ってくれた。「健全とは言えないわよね、日々の生活にエクスタシーを求めるなんて」

1/2ページ

最終更新:7/5(火) 14:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。