ここから本文です

バングラデシュで高まっていたテロの脅威

JBpress 7/5(火) 18:00配信

 バングラデシュは日本の面積の約4割程度であるが、1億6100万人(世界第8位)の人口を有し、世界で最も人口密度の高い国の1つである。1947年8月にパキスタンが独立した際にその一部(東パキスタン)として独立し、その後の1971年12月にパキスタンからバングラデシュとして独立した。

 独立後、長年にわたり軍事政権(1975~1990年)が続いたが、1990年12月、エルシャド大統領(退役陸軍中将)が、2大政党(BNP、アワミ連盟)および国民の退陣要求に応じた結果、平和裡に民主化に移行した。1991年の憲法改正で議院内閣制へと体制を変更し、それ以降、5年ごとの総選挙を経て平和裏に政権交代が続いた。

 2006年11月から約2年間は政党間対立が激化したため、非常事態宣言下で選挙管理内閣が継続したが、2008年12月の総選挙でアワミ連盟が勝利し、2009年1月からハシナ政権が続いている。

■ 2015年に入ってから政情不安定に

 ハシナ政権は独立50年目の2021年までに中所得国になることを目標とする「ビジョン2021」政策を掲げ、全国IT化を目指す「デジタル・バングラデシュ」、イスラム教を主たる宗教としつつあらゆる宗教に寛容な世俗主義等を標榜し、各種社会・経済開発に取り組んだ。

 だが、2013年に入り、与野党間で選挙管理内閣の導入を巡り意見が対立し、さらに独立戦争戦犯(1971年の独立戦争当時、パキスタン軍によるベンガル人の虐殺行為等に協力したとされる「ジャマティ・イスラミ」の主要幹部)に対する裁判を巡り、ジャマティ・イスラミが全国で激しい抗議運動を展開している。

 また、BNP率いる野党18連合がアワミ連盟政権の退陣を求める運動を開始し、2013年だけで数百人の死者および数千人の負傷者が発生した。

 2014年1月5日の総選挙は野党18連合ボイコットのまま実施され、与党アワミ連盟が圧勝し、ハシナ首相を首班とするアワミ政権が発足した。選挙直後は内外から新政権の正統性を疑問視する声が上がったが、 その後、野党勢力が弱体化する中で、国内世論は新政権是認に傾き国内情勢は比較的安定した。

 しかしながら、2015年に入り、野党ボイコット選挙1周年を機に野党連合が再び反政府運動を行い、車両への放火、爆発事件等が多発し、2月~3月にかけて百数十人の死者が発生した。

 また、イスラム過激派のテロと思われる世俗的な作家・ブロガーに対する襲撃事件、9月にはイタリア人殺害事件、10月には邦人殺害事件等、イスラム教・ヒンドゥー教宗教関連施設、治安当局が標的となるテロ事件が相次ぎ、国内でのイスラム過激主義勢力の伸長が危惧されていた。

 バングラデシュの経済状況はインド同様、堅調な経済成長を続けており、2015年のGDPは2057.15億ドルで世界第46位となっている。一方、1人当たりのGDPは1286.87ドルで世界189カ国中154位となっており、国連から最貧国(後発開発途上国(LDC))に指定されている。そのため、労働賃金が廉価であるとし、日本企業、特にアパレル産業を中心に進出が加速しており、2015年10月現在の日本企業の進出企業数は243社に達している。

■ ISが発していたテロ呼びかけの声明

 そのような中で、現地時間2016年7月1日午後9時20分(日本時間2日午前0時20時)頃、ダッカ中心部のグルシャン(Gulshan)地区(各国大使館・ホテル等がある外国人が多くいる地区)のレストランに武装グループ7人が機関銃等の小火器、刀等で武装し、襲撃した。

 店内には少なくとも40人以上の客と従業員がいたが、武装グループが店内を制圧した直後に外国人(イタリア人9人、日本人7人、インド人1人、米国人1人)18人は殺害されたと見られている(その他4人のバングラデシュ人が殺害されている)。

 現地時間7月2日午前8時30分(日本時間同日午前11時30分)に治安当局が突入し、武装グループ6人が射殺され、1人が拘束された。

1/3ページ

最終更新:7/5(火) 18:00

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。