ここから本文です

子供時代、コレがなくてよかった~と思うものTOP10

R25 7/6(水) 7:00配信

小学校でのプログラミング教育の必修化が議論されているように、テクノロジーの進化や時流の変化とともに、子どもを取り巻く環境は大きく変わっている。スマホをいじっている子を見ると、「自分が子どもの頃にあったら!」と夢想したくなるもの。しかし、逆に「これがあったら、ダメになってたかも…」と批判的に見てしまうものも少なくないような…。そこで、20~30代独身男性会社員200人に、「自分の子供時代になくてよかった、と思うもの」についてアンケート調査を行った(R25調べ、協力:アイリサーチ)。

〈自分の子供時代になくてよかったものTOP10〉
(全10項目のなかから上位3位まで選択。1位3pt、2位2pt、3位1ptとして集計)

1位 スマートフォン 224pt
2位 課金されるゲームアプリ 223pt
3位 LINEなどのメッセージアプリ 209pt
4位 小学校のダンスの授業 129pt
5位 FacebookなどのSNS 114pt
6位 カップルがキス動画などを投稿するサービス 95pt
7位 小学校の英語の授業 65pt
8位 YouTubeなどの動画サイト 60pt
9位 3DS、PSPなど通信対戦できるゲーム機 25pt
10位 電子書籍 18pt

上位3つが他を大きく引き離す結果に。いずれもスマホ関連となっており、やはり過去にはなかったIT関連の項目が上位を独占した。学校の新カリキュラムはというと、2011年から導入された「小学校のダンスの授業」「小学校の英語の授業」は、4位と7位。回答者に各項目を選んだ理由も聞くと、以下のような答えが寄せられた。

【1位 スマートフォン 224pt】
「縛られた生活になりそう」(26歳)
「絶対に勉強しなくなるから」(32歳)
「中毒になりやすいから」(35歳)
「機能が多すぎる折り畳みで十分。青春時代にスマホをいじる時間が勿体無い」(36歳)
「無くても普通に成立してましたし、何より、毎日、下を向いてばかりの社会って異常だと思いますよ」(36歳)

【2位 課金されるゲームアプリ 223pt】
「使い込みそうだから」(29歳)
「知らないまま課金してしまいとんでもない金額の課金をしてしまう可能性があるため」(33歳)
「知らない間に浪費癖がつくようになるから」(37歳)

【3位 LINEなどのメッセージアプリ 209pt】
「必ずいじめだとかトラブルに巻き込まれていた」(25歳)
「常にクラスの空気を読まないといけない気になってしまうから」(32歳)
「クラスで強制的に入れられそう」(34歳)
「必要以上にコミュニケーションしなくちゃいけないから」(38歳)

【4位 小学校のダンスの授業 129pt】
「ダンスが好きじゃないから」(28歳)
「みんなに合わせて動くのが苦手だから(経験すればまた違った印象もあるかもしれないが……)」(23歳)

【5位 FacebookなどのSNS 114pt】
「陰湿ないじめに利用されるから」(35歳)
「使い方によっては危険なので」(36歳)

【6位 カップルがキス動画などを投稿するサービス 95pt】
「こんなのがあったらもやもやしてしまうから」(38歳)

【7位 小学校の英語の授業 65pt】
「小学校の段階では実用的な英語としてそれほど役に立たないから」(25歳)

【8位 YouTubeなどの動画サイト 60pt】
「テレビを見なくなるから」(30歳)

【9位 3DS、PSPなど通信対戦できるゲーム機 25pt】
「そればかりやってしまう」(27歳)

【10位 電子書籍 18pt】
「必要ない」(39歳)

IT・スマホ関連は、「熱中してしまう」という声のほか、「コミュニケーションが難しくなりそう」といったコメントが多い。確かに“スマホ中毒”や“LINEいじめ”などは社会現象になっているだけに、時間の有り余った子ども時代に手にしていたら…と思うと怖くなってしまうが…。

とはいえ、これは大人側の見方。今の子は大変だな…と感じてしまうけど、現在の子どもたちに違和感はないに違いない。これも時代ですね…。
(千川 武)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/6(水) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。