ここから本文です

人気ベーカリー「パンエス」からバーガーショップ誕生

東京ウォーカー 7/6(水) 17:45配信

ベーカリーカフェ「パンとエスプレッソと」の新業態となるハンバーガーショップ「Sun&Witch(サン・アンド・ウィッチ)」が7月7日(木)、渋谷区神宮前にオープンする。

【写真を見る】自家製フライドオニオンも絶品!長さ約15cmの生ソーセージをサンドした「オリジナルホットドッグ」(単品850円)

東京・表参道に店を構える「パンとエスプレッソと」は、焼きたてのパンや、素材にこだわったサンドイッチなどのメニューで好評を博す一軒。そんな人気ベーカリーカフェが新たに手がける「Sun&Witch」は、これまでとは打って変わって“ジャンク”なフードがテーマ。

若者向けファッションブランドなどが集まる「裏原宿」エリアに佇む、真っ赤な建物が目印だ。以前はタコス料理店が営まれていた物件の外観からインスピレーションを膨らませ、ハンバーガーというメニューに行き着いたという。

販売メニューはハンバーガー全6種類と、ホットドッグ1種類。バンズの開発を手がけた櫻井正二氏は、「ハンバーガー店は肉にこだわる店が多いが、パン屋が手がけるからには、具材のおいしさに負けないバンズを作りたいと考えた」と話す。数種類の試作の中から、胚芽入りのバンズを採用したそうだ。

だが、同店の魅力はバンズだけではない。オーストラリア産牛肉100%で作られるパティは、粗挽きで仕上げることで、肉の質感を強調。「香味てりやきバーガー」(単品1000円)以外のバーガーにはソースを使用せず、塩、コショウのみのシンプルな味付けで肉の旨味を生かしている。さらに、バンズの裏に自家製のタルタルソースを塗るなど、細かい部分にも抜かりがない。

ホットドッグも同様にこだわりが光る。燻製していない「生ソーセージ」がサンドされており、肉汁のジューシーなおいしさや甘味が絶妙だ。ソーセージは長さ約15cmを誇り、ボリュームも申し分なし!

記者は「アボカドチーズバーガー」(単品1200円)と「オリジナルホットドッグ(チェダーチーズ&自家製フライドオニオン)」(単品850円)を試食してみたが、どちらも一口目からパンのふわふわ食感に感動。胚芽の豊かな風味がパティやソーセージをしっかりと受け止め、互いに引き立てあっているように思えた。ちなみに、ホットドッグに使われているケチャップやフライドオニオンも、自家製とのこと。

素材1つ1つに一切妥協しない「Sun&Witch」のメニューは、ジャンクフードというジャンルではあるものの、日本人ならではの職人魂を感じさせる、繊細な味わいだ。パン好きにこそ食べて欲しい、絶品ハンバーガー&ホットドッグをぜひご賞味あれ!【東京ウォーカー】

最終更新:7/6(水) 17:45

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016