ここから本文です

家事の達人に教わる!「予防家事」玄関編

東京ウォーカー 7/6(水) 20:00配信

湿気や外からのホコリをためやすい玄関。「こまめなプチケアを習慣にすれば、常に清潔。カビなどの菌を寄せつけません」と本間朝子さん。特に、げた箱内は家の中でもカビ多発地帯。お気に入りの靴をカビさせないためにも、湿気が籠もらない工夫を!

【写真を見る】1日履いた靴は、足の汗がたっぷり! すぐにげた箱へ入れないで、たたきで一晩乾かして湿気を取ろう

1.重曹+アロマオイルでげた箱の除湿/空き瓶やプリンカップなどに重曹を入れ、好みのアロマオイルを数滴たらしてげた箱へ。「香りがよく、重曹がげた箱の中の湿気を吸ってくれるので、カビや臭いの予防になりますよ。重曹はげた箱の下のほうに置くと効果的」。

2.1日履いた靴は、たたきで湿気を取ってから収納/1日履いた靴には、足の汗が籠もっているもの。「すぐにげた箱にしまうとカビなどの菌が繁殖しやすくなるので、たたきなどに一晩置いて乾かしてから収納しましょう。靴を休ませ、長もちさせることにもつながります」。

3.げた箱の中も時々拭き掃除/げた箱の中は、靴から落ちたホコリや泥、湿気などが籠もりやすく、そのままだとカビなどが発生しやすい状態に。「時々靴を取り出して棚板などをから拭き掃除して、汚れや雑菌を取り除きましょう」。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/6(水) 20:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。