ここから本文です

昨夏8強に導いた左腕・高橋昂也(花咲徳栄)。寡黙な男が語るピッチングの「理想」と「現実」【2016年夏 各地区逸材ファイル7】

ベースボールチャンネル 7/6(水) 6:50配信

センバツ敗退後の公式戦で登板しなかった理由

 夏の埼玉大会を1か月後に控えた6月中旬、3季連続の甲子園出場を目指す花咲徳栄のグラウンドでは、エース左腕の高橋昂也が躍動していた。最速145kmのストレートがコーナーに決まり、決め球のフォークやスライダーはキレ味鋭い。

 この春、センバツで見せた姿とは別人だった。より正確にいえば、高橋は自分の投球を取り戻していた。

「大会屈指の左腕」と評されて臨んだセンバツでは、秀岳館との初戦で6回6失点。結果以上にショッキングだったのが、2年時夏の甲子園で見せた姿がなりを潜め、フォームまで変わっていたことだ。

 その理由について、岩井隆監督が説明する。
「インステップして、横振りになっていました。だんだんクセが出てきたんでしょうね。でも大会前だから、あまりいじらないほうがいいかな、と。練習試合では全部抑えてはいたけど、ちょっと怪しいよねっていう感じでした」

 センバツを早々に去った後、春の埼玉大会と関東大会で1度も投げなかったのは、ここに理由がある。フォームの見直しや投げるリズムの確認、上半身のトレーニングを行い、本来の球を取り戻した。

 指揮官が「こんなに速かったっけ?」と感じるほど球威は上向いた一方、思うような球が行き出したことで、気づけば練習で投げる球数が増えていく。結果、背中に張りが出て、春の大会ではマウンドに立てなかった。

「1度投げられていたボールを投げられなくなって、というショックは大きかったです。でも、それをまた投げるためにやってきたので。春はやっぱり投げたかったですね。相手のバッターに勝たないと、野球は面白くない」

 苦しみを乗り越えた姿が、いまはマウンドで表れている。6月中旬、シート打撃で投げる姿を見ていると、高い能力がひしひしと伝わってきた。

投げているときは自分が興奮している

 左腕を思い切り振り、左バッターの内角に落ちる球で空振りを奪う。縦に落ちるスライダーだ。続けて外角にフォークを落とし、最後は外に逃げるスライダーでバットに空を切らせる。最速145kmのストレートはなるべく封印し、2種類のスライダーとカーブ、フォーク、ツーシーム、チェンジアップという多彩な変化球で打者を手玉にとっていく。

 数十球を投げた後に1度マウンドから降りると、少し肩を休めてから再び登板した。今度は一転、「真っすぐに強くこだわってやってきているので、誰にも負けないようにと思っています」という強いボールを中心に、力で圧倒し始めた。

 2つのパターンを使い分けたのは、当然意図的だ。
「ピンチの場面では空振りをとれる変化球で最初に行くと、2打席目では変化球が打者の頭に入っています。そこで相手の裏を突いて真っすぐを使えば、速く見せることができる。そういう配球に頭を使っています」

 一つ一つの球が優れるのはもちろん、掛け算として投球力に昇華することができる。それは高橋にとって、投手本能ともいえる。

「投げているときは一番相手バッターとの勝負に燃えていて、自分が興奮しているときだと思います。持っている球種は全部フルに使って、バッターに的を絞らせないピッチングができればいいです」

 心の内で燃えたぎると同時に、冷静な駆け引きで打者を打ち取っていく。そうした要素以外にも、高橋は勝てる投手の条件をいくつも備えている。

 最たるものが、ピンチになるとギアを入れられることだ。

「ピンチになったときに『絶対に1点もやらない』という気持ちのスイッチが自分の中で入ると思います」

 それはつまり、ペース配分ができるということでもある。

「抜くところは抜かないと、完投はできないので。抜いたときにはコントロールを重視して、いかに長打を打たれないかが重要になります。それが勝てるピッチャーか、そうではないかの違いだと思います」

1/2ページ

最終更新:7/6(水) 6:50

ベースボールチャンネル

なぜ今? 首相主導の働き方改革