ここから本文です

カフェインを最大限に利用する方法

ライフハッカー[日本版] 7/6(水) 12:10配信

コーヒーを朝に一杯、午後にも少なくとも一杯を飲まないと調子が出ないという人、多いですよね。だんだん「耐性」ができてしまって、頻繁に飲まないとカフェインが効かなくなってしまうケースもあります。そんな「コーヒー依存症」の人がカフェインを最大限に利用するための方法が「Fast Company」サイトにありました。

1. まず耐性をリセット

コーヒーを飲んでがんばらなければ! というイベントを控えているときには、その大事な日の一週間から12日前ぐらいから、カフェインをなるべく摂らないようにしましょう。カフェインはコーヒーだけでなく、お茶やソーダ類、スポーツドリンクにも含まれているので、注意してください。それまでかなりカフェインを摂っていた人が、急に接種しなくなると、頭痛がすることもありますが、それを乗り越えてカフェインへの耐性を一度リセットすれば、大事なときのコーヒー一杯がよく効くようになります。


2. ない力をカフェインで出すことはできない

カフェインを摂ると、シグナルを伝達したり、エネルギーを運んだりするアデノシンという物質の働きが抑制されるので、「疲れた」というシグナルを体が受け取れなくなります。それにより、コーヒーを飲むと力が出るような錯覚を覚えるのですが、だからといって、カフェインがあなたが持っている以上の力を生み出すことはできません。徹夜明けにコーヒーを飲んでも一時的な効果しか出ないのはこのためです。


3. カフェインとお昼寝をセット

これについては、ライフハッカーでも何度か採り上げていますが(カフェインについて、昼寝について)、まとめると、午後の眠くなる時間にコーヒーを飲んでから15分程度の昼寝をすると、 その後すっきりするということです。問題は、会社でお昼寝ができるのか? ということですね。


4. 普段はデカフェを飲む

デカフェはおいしくないという人もいますが、いざという時にカフェインの効果を最大限引き出すために、普段はカフェインを控えめにしておいた方がいいです。コーヒーを飲んだときのようなスッキリ感がほしい場合は、ミントティや炭酸水に置き換えてみてはどうでしょうか。温かい飲み物がほしいときは、そば茶、麦茶、杜仲茶などがノンカフェインです。お白湯も意外とおいしいものですよ。

カフェインがどのように体に作用するかは、個人差があります。時間をかけて自分の体に合う量を見つけ、うまくつきあうようにしましょう。耐性をリセットするときには、今まで飲んだことない飲み物との出会いも期待できます。その際にも、たとえば、そば茶ではアレルギー反応が起きることもあるので、十分に気をつけてください。

How To Break Your Daily Caffeine Habit And Use Coffee Strategically

最終更新:7/6(水) 12:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。