ここから本文です

ゲームアプリ『Pokemon GO』オーストラリアとニュージランドで先行配信 日本でのリリースも間近か

KAI-YOU.net 7/6(水) 14:22配信

株式会社ポケモン・Niantic・任天堂の3社共同開発によるスマートフォン向けゲームアプリ『Pokemon GO』が、7月6日(水)、オーストラリアとニュージランドで正式に配信開始されたことが明らかになった。

Nianticのアジア統括マーケティングマネージャー・須賀健人さんもTwitterにて発言。日本でのリリースについては「もうちょっとだけ先になります! もうちょっとだけお待ち下さい。」と投稿している。

日本でのリリースも待ち遠しすぎる『Pokemon GO』

『Pokemon GO』は、スマートフォンの位置情報を活用し、現実世界を舞台にポケモンを捕まえたりバトルを楽しむことができるゲームアプリ。

Nianticが開発したゲームアプリ『Ingress』の拡張現実技術を採用し、特定のスポットでアイテムが手に入ったり、水辺には「みずタイプ」のポケモンが出現するなど、現実世界とゲームがリンクしている。

また、ジムバトルやタマゴといった、「ポケットモンスター」シリーズではおなじみの要素も盛り込まれて、多くのファンから期待が寄せられている。

アメリカ・ロサンゼルスで開催された展示会「E3 2016」内で行われた『Pokemon GO』に関する質疑応答イベントでは、7月中にリリースされる予定であることが明かされ、あわせてスマホと連動する専用デバイス「Pokemon GO Plus」が7月末に発売されることも発表していた。

日本でのリリースが待ち遠しすぎる本作。さらなる続報を待ちたい。

コダック川口

最終更新:7/6(水) 14:22

KAI-YOU.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。