ここから本文です

内定がまだ出ていない大学生がやるべき事とやってはいけない事。(増沢隆太 人事コンサルタント)

シェアーズカフェ・オンライン 7/6(水) 5:00配信

7月を迎えいよいよ2017卒就活は終盤に入りました。内定(内々定)獲得した学生はさらに増えていきます。しかし一方、現在もまだ内定先がないという学生も当然おり、時間とともに焦りが高まる時期でもあります。こんな環境下でも戦略的に就活を実行することが欠かせません。今、そこにある危機への対応です。

■2017卒内定状況は?
時事通信の内定率速報によれば、6月末での内定率は70%を超えたとのこと。やはり6月の採用活動解禁で一気に内々定が発せられています。

しっかりと準備をして臨んだ学生、優秀な学生からはすでに複数内々定を得たとの報告を得ています。また採用側である企業も、大手を中心にほぼ予定採用の見通しが立ったというところが少なくありません。名の通った大企業では比較的順調に採用が進んでいる傾向を感じます。

一方手持ち応募先が全滅してしまったり、さまざまな事情で出遅れ、まだ内々定どころかESも提出できていないという人もいます。採用側も、大手であってもB2B系メーカーや規模の大きくないIT系など、まだまだ充足できていない企業もあります。

今回の「就活時期変更」は学生にも企業にも大きな影響がありました。ただ、今起こっている出遅れてしまった学生の存在やいまだ採用目標未充足企業の存在などは、今年に限った問題ではなく、これまでも毎年必ず発生しているものでもあるのです。


■今起きている危機への対応
就活でのタイムマネジメント、スケジューリングは致命的に重要ですが、それを今悔いたところで先に進む訳ではありません。まずは一歩でも前に進むことを考えましょう。出遅れたことでメンタルをやられ、ますます活動ができなくなってしまう事態こそ、最悪の最悪と呼べます。今必要なことは危機対応です。パニックを避け、できることにご自分の能力とリソースを集中させましょう。

災害など危機対応の行動規範として、「プロアクティブの原則」があります。疑わしい時は最悪の事態を想定して行動し、その行動の結果、空振りだったことは許されます。しかし行動を躊躇して人命を失うこと(大失敗)は許されないという考え方です。単なる精神論も、不要な悲観論も危機対応では役立ちません。

この原則が示唆することは今なすべき行動様式です。絶望し動きを止めてしまうという最悪の事態を回避し、どれだけ困った状況でもできることを実行するのです。自分の見栄や世間体、精神論はこの際無視して、目の前にある課題に取り組みましょう。危機管理の原則を取り入れ、今からできることを考えましょう。

1/3ページ

最終更新:7/6(水) 6:59

シェアーズカフェ・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

シェアーズカフェ・オンライン(SCOL)

シェアーズカフェ株式会社

SCOLはマネー・ビジネス・ライフプランの
情報を専門家が発信するメディアです。
現在書き手を募集しています。特に士業や
大学教授、専門家を歓迎します。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。