ここから本文です

【ビジネスマナーQ&A】派遣社員も勤務先に夏休みのお土産を買わなくちゃダメですか?

Suits-woman.jp 7/6(水) 17:30配信

7月に入り、そろそろ夏休みの予定を決めたいと思っている働く女性も多いのではないでしょうか。そこで気になるのが「会社へのお土産」問題。
大手金融会社に契約社員として勤務している36歳、佐々木玲子さん(仮名)からもこんな質問が届きました。


「7年前から同じ会社の同じ部署で、データ入力の業務を月に15日程度しています。
派遣会社からの出向なので、夏休みがあるわけではないのですが、やはり、“どこか出かける?”という話になります。
私は毎年ハワイに行っているのですが、この春から上司の立場になった社員の女性の方から、“ハワイに行くんでしょ? お土産はエルメスのカレがいいなー”と、冗談だかなんだか、言われてしまいました。

彼女は前任の方に比べて派遣社員に厳しく、私も何度かグループ作業のスピードが遅いと叱られたことがあります。“ゆっくりやっても派遣には残業代は出ないから”とわざわざ席まで言いに来たり、ちょっと嫌味なところもあるんですが、実際、迷惑をかけているという思いもあるので、何か買ってこようとは思っています。

でも、彼女にねだられたエルメスのスカーフの値段を公式サイトで調べてみたら、5万6160円! これはちょっと無理だろうと思う反面、リクエストされたときにあいまいな返事をしてしまったので、当然買ってくるだろうと思われているかも……もし、買ってこなかったらまた意地悪を言われるんじゃないかと思うと怖くてしかたがありません。

私はどうしたらよいでしょうか?」

鈴木真理子先生に伺ってみましょう。

会社へのお土産は負担にならない範囲内で

派遣会社に登録し、短期の仕事をしている方もいる一方で、同じ会社に長期で関わっている女性も多いですよね。
そうなると、正社員でなくても、会社や部署内の方々との新密度も高まり、お土産を買って持っていったほうがいいのかな、という気持ちになるのもよくわかります。

お土産を買うことには、ふたつの意義があります。

ひとつは、コミュニケーションツールとしての意義。
お土産を渡す、受け取るという中で会話が生まれます。ふだん、あまり話ができない方とも、打ち解けるツールになるのです。
もうひとつは、自分が休んでいる間に、業務を引き継いでくれていた方への感謝を伝えるという意義。
全員が一斉にに夏休みをとる会社もありますが、それぞれが一定の期間の中で業務との兼ね合いをみながら夏休みを取得する会社では、少なからず、休んだ人のフォローを出勤している方が行ないます。その方々への感謝の気持ちの表現としてお土産を使うのです。


佐々木さんの場合、月に15日ほどの勤務とのこと。シフトが決まっているのだと思います。
決められたシフトを崩して夏休みをとるのであれば別ですが、もともと出勤日でない日にどこで何をしていようと佐々木さんの自由です。

お土産を買うために旅行しているわけではありませんよね。購入する場合は、自分の気持ちにもお財布にも負担にならない範囲内で済ますようにしましょう。
会社のお土産の上限は全体であれば2000円程度、個別なら500円程度が上限です。それ以上になってしまうと、受け取る側も困ってしまうと思ってください。そして、お土産はモノそのものではなく、贈る気持ちに価値があるものです。エルメスのスカーフなんて、一般OLが会社の方に送るお土産の常識を逸脱しているといえましょう。彼女の独り言なんて、スルーしてしまってOKです。

1/2ページ

最終更新:7/6(水) 17:30

Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。