ここから本文です

スパイス・ガールズの『ワナビー』が国連のキャンペーンでリメイク!

ハーパーズ バザー・オンライン 7/6(水) 13:45配信

スパイス・ガールズの1996年のデビュー曲『ワナビー』を、国連が新たなキャンペーンのためにリメイクしたミュージックビデオがリリースされた。
 
20年という時を経てもなお、“ガールパワー”のメッセージを発信し続けているこの曲のビデオには、インド、ナイジェリア、南アフリカ、イギリス、アメリカ、カナダの5名の女性アーティストたちが出演。国連による女性の生活向上や男女平等を目的としたキャンペーン「Global Goals」の一環として制作され、ビデオでは少女たちへの教育、男女同一賃金、そして低年齢での強制結婚や女性たちへの暴力撲滅など、女性たちが「本当に本当に欲しいもの(really really want)」を訴えている。

ヴィクトリア・ベッカムも、「素晴らしいアイディアだと思う。20年経った今も、スパイス・ガールズの“ガールパワー”が新しい世代を力づけるのに使われるなんて」とツイート。

ムービーを監督したMJ Delaneyはこう語っている。「これは現代のガールパワーだ。スパイス・ガールズは異なるグループの女性たちが参加していて、そのことが強い絆を生んでいる。この“違い”こそが私たちがムービーで言いたいことなんだ」

最終更新:7/6(水) 13:54

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。