ここから本文です

ヴァレンティノの新旗艦店が表参道ヒルズにオープン

GQ JAPAN 7/6(水) 17:51配信

ヴァレンティノがフラッグシップストアを表参道ヒルズに開店。熊本地震支援のトートバッグも発売する。

【ヴァレンティノの新旗艦店 その他画像】

2フロアで広さ467平方メートルを誇る新フラッグシップストア。英国人建築家デイヴィッド・チッパーフィールドが設計を手掛け、クリエイティブ・ディレクター、マリア・グラツィア・キウリとピエールパオロ・ピッチョーリによるあたらしいコンセプトを反映している。

そのコンセプトとは宮廷を意味する「パラッツォ」。宮廷の雰囲気を出すため、丸みを帯びた大理石の柱や、彫刻のような柱とテラゾーの壁を組み合わせた大きなガラスなファサードなど、古いものと現代的な要素を融合。メゾンのあらゆる要素を集結させ、新コンセプトへと昇華させた。

フロアは1階がウィメンズコレクション。そして、階段を上がると2階はメンズコレクションが広がる。

オープンを記念した限定アイテムも登場。日本の帆布を使用し、ヴァレンティノのアイコンであるスタッズをあしらったトートバッグの売上は全額を熊本地震の支援に寄付するという。

ヴァレンティノインフォメーションデスク
Tel.03-6384-3512

文:Yanaka Tomomi

最終更新:7/6(水) 17:51

GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月24日発売

600円(税込)

2016年の男達「MEN OF THE YEAR 2016」発表!/世界のリーダー総決算!今年のビジネスを読み解く、ランキング30/森星の1日、イットガールを追いかけて

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。