ここから本文です

インディーズゲームの祭典「BitSummit」に任天堂「Nindies」14作品が出展

KAI-YOU.net 7/6(水) 17:08配信

7月9日(土)・10日(日)に京都・みやこめっせ(京都市勧業館)にて開催されるインディーズゲームの祭典「BitSummit 4th(フォース)」に、任天堂のインディーズタイトル「Nindies」(ニンディーズ)作品が出展されることが発表された。

【写真をすべて見る】任天堂のインディーズタイトル「Nindies」

FullPowerSideAttack・なんもさんの『トルクル(TorqueL)』や、スタジオ常世・たかくらかずきさんの『摩尼遊戯TOKOYO』など、未発売作品を含め国内のインディーズを中心としたWii Uとニンテンドー3DS向けゲーム14タイトルが出展される。

自由な発想から生まれた「Nindies」作品を出展

「BitSummit」は、「国内の意欲的なオリジナルコンテンツを、ワールドワイドに発信する」ことをコンセプトに2013年より開催されている、日本最大級のインディーズゲームの祭典。

任天堂やソニー・インタラクティブエンタテインメントをはじめとしたゲームメーカー/企業による協賛のもと、国内外のインディーズゲームが多数出展し、海外メディアからも注目を集めているイベントだ。

「Nindies」とは、Nintendo(任天堂)とIndies(インディーズ)を掛け合わせた造語。任天堂では、インディーズメーカーによる多種多様な作品が、Wii Uやニンテンドー3DSよりリリースされてきた。

今回開催される「BitSummit 4th」の任天堂ブースでは、上述以外にも『ACE OF SEAFOOD』『ぐんまのやぼう for ニンテンドー3DS』『新ひゅ~ストン』などのユニークな作品がラインナップ。

大手メーカーにも負けない本格派のゲームはもちろん、ユニークなアイデア勝負のゲーム、とにかく尖った奇抜なゲームなど、インディーズメーカーならではの自由な発想から生まれたさまざまな作品に触れられる、貴重な機会になりそうだ。

かまたあつし

最終更新:7/6(水) 17:08

KAI-YOU.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。