ここから本文です

サンフランシスコ現代美術館が、ビッグになりました

Casa BRUTUS.com 7/6(水) 14:00配信

創立1935年、現代アートを扱う美術館としては西海岸で最古のSFMoMAが、このたび増築を完了した。

設計を手がけたのは、オスロはじめ欧州とアメリカに拠点を置く建築事務所スノヘッタ。

1995年にマリオ・ボッタが設計した建物に新館を隣接させる形で生まれ変わった新生SFMoMAは、ギャラリー面積がこれまでの3倍に拡大。地上10階の巨大な建物には、アメリカの美術館としては最大の規模を誇る写真専門ギャラリー〈プリツカー写真センター〉や、イヴ・ベアールやアップルのジョナサン・アイヴはじめ地元西海岸のデザイナーに力を入れた建築/デザインのフロアなど、見どころが満載。外壁には地元の植物21種類1,900本が植えられ、今後「全米最大のリビング・ウォール」となる予定だ。

〈San Francisco Museum of Modern Art〉

151 Third St., San Francisco TEL 1 415 357 4000。10時~17時(木~21時)。無休。入場料25ドル。

photo_Henrik Kam, Iwan Baan text_Mika Yoshida & David G. Imber

最終更新:7/6(水) 14:00

Casa BRUTUS.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。