ここから本文です

ポルトガルの新星レナト・サンチェスに年齢詐称疑惑が浮上。18歳ではなく24歳?

フットボールチャンネル 7/6(水) 8:00配信

 EURO2016でブレイク中のポルトガル代表の18歳レナト・サンチェスに年齢詐称疑惑が浮上している。5日、スペイン紙『マルカ』などが報じている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 今回のこの疑惑は、オセールなどを指揮し、世界的名将と言われたフランス人監督のギー・ルー氏が地元メディアに「彼は18歳ということだが、実際はもっと上に違いない。彼の出生は、生まれてから数年後に申請されたものであろう。おそらく23、24歳で間違いない」と語ったことで大きく取り上げられたものだ。

 サンチェスは、サントメ・プリンシペ系の父親と、カーボベルデ系の母親との間に1997年8月18日にリスボンで生まれたとされている。しかし、彼の出生後、両親がすぐに離婚したこともあり、実際に戸籍登録されたのが5歳の時だったと見られているようだ。

 もっとも、サンチェスの年齢詐称を疑われたのは今回が初めてではないということだ。ベンフィカ時代の昨年にも、ライバルのスポルティングから年齢詐称を指摘されていた。この時はサンチェス側も、彼の代理人ジョルジュ・メンデス氏が名誉棄損で法廷に訴える姿勢まで見せ、全てが噂であるということで一応の解決となっていた。

 先日、3500万ユーロ(約39億円)でバイエルン・ミュンヘンへの移籍が発表されたサンチェス。今EUROでも、18歳とは思えない堂々としたプレーぶりが話題となっており、準々決勝のポーランド戦でもゴールも決め、マン・オブ・ザ・マッチに選出される活躍を見せたばかりであった。突如降って涌いたこの話題は、悲願のEURO制覇にあと2勝と迫ったポルトガル代表にとっても大きな影響を及ぼしそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/6(水) 8:19

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。