ここから本文です

躍進のウェールズに心強いパートナー レアル医療スタッフがEURO準決勝に向けてベイルなど選手をケア

Football ZONE web 7/6(水) 13:30配信

ベイルの要望により実現、最高の状態でポルトガル戦へ

 ウェールズ代表は欧州選手権で同国史上初の4強進出という躍進を見せているが、快進撃の陰に欧州王者レアル・マドリードのメディカルスタッフの存在があることが明らかになった。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 今大会3得点とチームをけん引するレアルFWギャレス・ベイルがポルトガルとの準決勝を前に、代表チームにレアルのトレーナー、ハイメ・ベニート氏を帯同させていることを明らかにした。これはベイルの要望だったという。

「自分にとっては最高のヘルプになる。そして、チームのメディカルスタッフはもっと必要な存在だったかもしれない。なぜなら、他の選手をトリートメントもせずに放置しておくことなんてしたくないだろうからね」

 ベニート氏帯同のチーム全体に与える好影響をこう語っている。ベイルは昨季リーガで19得点10アシストという好成績を残したが、実は23試合しか出ていない。

「今年何度もケガをした。そして、大きな大会に参加することになった。これまで未経験だったので自分が完全にフィットするのか確認したかった。もしも、問題があればすぐに治療できる。いい判断だったよ。そして機能している」

 ウェールズ代表を縁の下で支えるレアルの医療スタッフの存在に、ベイルは心から満足している様子だった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/6(水) 13:30

Football ZONE web