ここから本文です

スロバキア、堅実な強化策が結実。W杯・EUROでの決勝T進出。基盤作った育成の長期プラン

フットボールチャンネル 7/6(水) 10:00配信

 いよいよ終盤を迎えたEURO2016。ウェールズが準決勝進出を果たすなど、初出場組が健闘を見せるなか、W杯に続いて初出場決勝T進出を成し遂げたチームがある。チェコスロバキア解体後の停滞を経て、着実に力をつけてきたスロバキア。ラウンド16で敗退となったが、長期プランを実らせている同国の足跡をたどった。(取材・文:小川由紀子)

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

チェコスロバキア解体後の明暗

 優勝候補の一角ベルギーを破ってベスト4入りしたウェールズと、同じく前評判の高かったイングランドを零封して準々決勝を果たしたアイスランドは、今大会の大注目チームだ。だが今回は、ラウンド16でひっそり消えた好チームを取り上げてみたいと思う。スロバキアだ。

 イングランド、ウェールズ、ロシアと同じグループBに属し、ロシアに勝利、ウェールズに敗戦、そしてイングランドとは引き分けて、ユーロ初出場ながら3位で決勝トーナメント進出を果たした。

 ラウンド16でドイツに0-3で敗れて彼らの挑戦は終わったが、初出場にしてこの結果は、2010年のワールドカップ初出場に次ぐ大きな成果だ。

 チェコスロバキア時代は、1962年のワールドカップで準優勝、1976年のユーロは決勝戦でPK戦の末ドイツを破って優勝と、欧州で一時代を築いたこともあった。

 しかし1993年にチェコとスロバキアに分離。直後の1994年ワールドカップ予選は、チェコスロバキア連合軍のまま出場したが(予選敗退)、その後はそれぞれ独立し、チェコ代表、スロバキア代表として国際大会に参加するようになった。

 チェコスロバキア時代の基盤、組織、設備、人材などは、国の解体後、ほとんどがチェコ側の所有物となった。よって、チェコサッカーには大きな変動はなく、解体後間もない1996年のユーロでは準優勝を収めている。ネドヴェドやポボルスキーらがいたチームだ。

 しかし一方のスロバキア代表は、その頃は「国際大会出場など、いつの話だろう」という状態にあった。

1/4ページ

最終更新:7/6(水) 10:37

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。