ここから本文です

フッキ、3度の大型移籍でJリーグに2億6000万円の恩恵。若手外国人選手獲得におけるモデルケースに

フットボールチャンネル 7/6(水) 11:18配信

ブラジル代表FWフッキは、中国スーパーリーグの上海上港にアジア史上最高額の移籍金で移籍した。生涯移籍金ランキング世界3位のフッキだが、「連帯貢献金」という形で日本サッカーに大きな恩恵を残している。フッキの移籍は、今後の日本サッカーの若手外国人選手獲得におけるひとつのモデルケースとなるかもしれない。(文:今関飛駒)

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

フッキの移籍で3つのJクラブに恩恵をもたらした「連帯貢献金」

 ブラジル代表のフッキが中国スーパーリーグの上海上港に移籍したことは、世界中でニュースとして取り上げられた。

 その移籍金は5580万ユーロ(約63億6120万円)にも上る金額で、江蘇蘇寧がアレックス・テイシェイラを5000万ユーロ(約57億円)で獲得した際のアジア史上最高額をわずか半年で塗り替えるものだった。

 日本でも大きな話題となったのは、中国クラブが近年高額な移籍金で大物選手を次々と獲得し続けてきたからというだけでなく、フッキが日本に深い縁を持つ選手だからでもある。

 2005年2月、当時18歳だったフッキは母国ブラジルのヴィトーリアから期限付き移籍で川崎フロンターレに加入。翌年に契約が完全移籍に切り替わり、その後はコンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)、東京ヴェルディでもプレーした。

 今回、フッキが上海上港へ移籍したことで、上記3つのJクラブは大きな恩恵を受けることとなった。

 FIFA(国際サッカー連盟)は『選手の地位並びに移籍に関する規則』の「Solidarity Contribution」に、契約期間内に選手が移籍した場合は育成に携わったクラブは移籍金の一部を受け取る権利があると定めており、これを「連帯貢献金」と呼んでいる。

 対象となるのは、12歳から23歳の誕生日を迎えるシーズンまで登録されていた年数によって決まる。つまり、上海上港移籍で発生した連帯貢献金が川崎F、札幌、東京Vにも分配されるのである。

生涯移籍金世界3位のフッキ。これまで日本に2億6000万円の連帯貢献金

 フッキが上海上港に移籍したことで、かつて在籍した3つのJクラブはそれぞれ3000万円以上の連帯貢献金を受け取る権利がある。

 ただ、これまでフッキがもたらした連帯貢献金はこれだけではない。過去に移籍した際の移籍金で、日本サッカーに大きな恩恵を残している。

 大手移籍サイト『transfermarkt』によれば、フッキの生涯移籍金ランキングはアンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)、ズラタン・イブラヒモビッチ(マンチェスター・ユナイテッド)に次ぐ世界3位。その金額は1億2980万ユーロ(約147億9720万円)にも上る。

 東京Vからポルトへの移籍で1900万ユーロ(約21億6600万円)、ポルトからゼニトへの移籍で5500万ユーロ(約62億7000万円)の移籍金が発生している。
(※移籍金はいずれも『transfermarkt』を参照。全て7月5日付の1ユーロ=114円で換算)

 FIFAが定める比率に当てはめると、過去にフッキが各Jクラブにもたらした連帯貢献金は図の表の通りとなる。3度の大型移籍によって発生した連帯貢献金を合計すると、およそ2億6000万円の経済効果をJリーグにもたらしているのだ。

 なお、東京Vからポルト、ポルトからゼニトへの移籍で発生した連帯貢献金を各クラブが申請していなかった場合、日本サッカー協会がこれを受け取れるように規約に明記されている。

 もしまたフッキが契約期間内で移籍した場合、再び3クラブは連帯貢献金を得ることができる。フッキのケースは、今後の日本サッカーの若手外国人選手獲得におけるひとつのモデルケースとなりそうだ。

(文:今関飛駒)

フットボールチャンネル

最終更新:7/6(水) 21:37

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。