ここから本文です

小野大輔、『GANTZ:O』加藤勝役に 「ファンの方には絶対見ていただきたい」

リアルサウンド 7/6(水) 18:00配信

 10月14日に公開される3DCGアニメーション映画『GANTZ:O』の主人公・加藤勝役に小野大輔が決定し、あわせて本編映像の一部が公開された。

 本作は、奥浩哉による原作コミック『GANTZ』の“大阪編”を3DCGアニメーションで映画化したSF・サバイバルアクション。人間と凶悪な“妖怪軍団”が、大阪の街で繰り広げる死闘を描く。

 『おそ松さん』『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズで声優を務めた小野大輔は、主人公・加藤勝役を担当する。総監督を『TIGER & BUNNY』『聖闘士星矢Legend of Sanctuary』のさとうけいいち、監督を『APPLESEED』でCGディレクターを手がけた川村泰、脚本を『ONE PIECE FILM GOLD』『LIAR GAME』の黒岩勉、アニメーション制作を、実写版『GANTZ』シリーズのVFXを担当したデジタル・フロンティアがそれぞれ手がける。なお、本編映像の一部は公式サイトにて公開されている。

■小野大輔コメント
僕もファンとして待ち望んでいた大阪編の映像化です。原作にあるストーリーを1本の映画にするためにすばらしい構成がなされていて、奥先生が原作で描いた心の動きであったり、哀しみ、感動が鮮明に伝わってくる作品になっていると思います。ファンの方には絶対見ていただきたい。期待していてください!

リアルサウンド編集部

最終更新:7/6(水) 18:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。