ここから本文です

浦和DF橋本和が神戸に期限付き移籍。再び恩師ネルシーニョのもとへ

フットボールチャンネル 7/6(水) 17:26配信

 J1のヴィッセル神戸は6日、浦和レッズからDF橋本和を期限付き移籍で獲得したことを発表した。期限は来年1月31日までとなる。

 橋本は2014年に柏レイソルから浦和に加入。左サイドの戦力として期待されていたが、1年半でリーグ戦出場は7試合に留まり、満足な出番を得ることができなかった。

 神戸を率いるネルシーニョ監督は柏時代に橋本を指導しており、恩師の元で再びプレーすることとなった。

 浦和のオフィシャルサイトを通じ、橋本は「プロサッカー選手として試合に出場したいという思いが強くなり、環境を変える決断をしました」と移籍の理由を語っている。

 この夏に神戸はブラジルからMFニウトンを獲得しており、橋本は2人目の新戦力となった。

 なお、橋本は浦和との公式戦には出場することができない。両チームは2ndステージ第10節、ホーム&アウェイ形式のルヴァンカップ準決勝で3試合連続で対戦することになっているが、神戸は橋本抜きで戦わなければならない。

フットボールチャンネル

最終更新:7/6(水) 17:48

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)