ここから本文です

「七色の海」に囲まれた美しい島には カリブの海賊のお宝が眠っている?

CREA WEB 7/6(水) 12:01配信

Magnificent View #1009サンアンドレス島(コロンビア)

 七色の海を持つ島と呼ばれているのが、南米コロンビアの本土から700キロほど離れた海上に浮かぶサンアンドレス島だ。

 その呼び名にたがわず、透き通るようなブルーやエメラルドグリーン、紺碧の青……など、場所によって海の色はさまざまに変化する。

 この島がイギリスの清教徒たちによって発見されたのは1629年のこと。以降、イギリスやスペイン、オランダなど各国に支配され、1991年にコロンビアの領土となった。

 海賊もたびたび上陸し、イギリス出身の海賊王ヘンリー・モーガンもこの島に隠れ基地を作って暮らし、洞窟に財宝を隠していたという伝説がある。

 各国に支配され、海賊も襲来した島の現在は、いたって穏やか。世界ブランドの大型ホテルもなく、海沿いの一般道はゴルフカートで走ることも可能。リゾート地のような豪華さはなく、のんびりとした時間が流れている。

芹澤和美

最終更新:7/6(水) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。