ここから本文です

彼氏に蔑まされたら傷つく「女のプライド」TOP10

R25 7/7(木) 7:00配信

さっきまで楽しくデートしていたのに、なぜか突然彼女の機嫌が最悪に…。それはもしかすると、あなたの無神経なひと言が彼女の「女のプライド」を傷つけてしまったからかも? そんな事態に陥らないためにも、女性が最も指摘されたくない女のプライドを知っておきたい! 恋人がいたことのある20~30代の女性200人に、恋人に指摘されたら女のプライドが傷ついてしまうポイントを聞いた。

〈彼氏に指摘されたら「女のプライド」が傷つくポイントTOP10〉
(全18項目の中から1~3位を選択してもらい、1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptで計算。R25調べ・協力/アイリサーチ)

1位 食事マナーなど、一般常識がなっていない 160pt
2位 セックスで欲情しない 132pt
3位 美人じゃない 111pt
4位 下品 100pt
5位 会話がつまらない 90pt
6位 料理がマズイ 85pt
7位 ファッションがダサい 80pt
8位 生活がだらしない 70pt
9位 頭が悪い 63pt
10位 スタイルがよくない 58pt

これらの言葉を「言ったことあるけど、別に彼女の機嫌は悪くならなかった」という人も安心してはいけない。顔に出さなくても、きっと心中穏やかではないはずだ。彼氏から言われたらどのように感じるのか、女性たちの心のうちを見てみよう。

【1位 食事マナーなど、一般常識がなっていない】
「最も馬鹿にされている気がする」(24歳)
「恥ずかしい」(26歳)
「女性としてというより、大人の人間として否定されている気がする」(29歳)
「育ちが悪いと言われてるようで嫌だ」(32歳)
「私を育ててくれた両親や、私が受けてきた教育… 私の人生を全体的に否定された気がするから」(36歳)

【2位 セックスで欲情しない】
「付き合ってる意味ないじゃん、と思うから」(27歳)
「女性を否定し傷つけようとするならこの言葉が一番ひどい」(28歳)
「女としての魅力がないということだから」(30歳)
「相手を喜ばせられないのは悲しくなる」(34歳)
「女性として終わっている」(35歳)

【3位 美人じゃない】
「やっぱり女として悲しい」(21歳)
「嘘でも褒めて欲しい」(27歳)
「はっきり言われると辛い」(27歳)
「生まれ持ったもので、努力しても限界があり、どうしようもないものだから」(31歳)
「世間ではそうであっても、恋人なのだからタイプでありたい。ブスのくせに、とか思われてたら死にたくなる」(28歳)

【4位 下品】
「女として見れないということな気がするから」(27歳)
「汚いとかマナーが悪いとか、よくないことをまとめて表現した感じだから」(39歳)
「全てにおいてダメ出しされた気分になるので」(33歳)
「下品にならないように気をつけてるつもりなので」(35歳)

【5位 会話がつまらない】
「内面を否定されたような気がするから」(30歳)
「会話がつまらなかったら、一緒にいたくないはず」(31歳)
「他の部分については改善の余地があるが、会話については改善するのは難しいと感じる」(26歳)
「面白い話してと言われてもできないし、だったらお前がしてみろと。会話がつまらないイコール一緒にいてつまらないと思うから」(33歳)

【6位 料理がマズイ】
「もう二度と作りたくないと思ってしまう」(25歳)
「彼氏に料理を作ってあげたいので、まずいとは言われたくない」(29歳)
「料理がまずいと言われたら 全ての自信をなくしてしまう」(23歳)
「お料理は一生懸命作るのでほめてほしい」(37歳)

【7位 ファッションがダサい】
「自分ではお洒落だと思っていたから」(25歳)
「おしゃれがだいすきなので言われたらへこむ」(28歳)
「自分なりのこだわりをもって着ているから」(30歳)

【8位 生活がだらしない】
「女性として最低のように思われているようで嫌」(28歳)
「だらしないのは、人としてよろしくない」(28歳)
「すべてのことが否定されている感じがするから」(39歳)

【9位 頭が悪い】
「聡明であることは自分にとって一番大事だから」(33歳)
「バカにされたようで尊重されていないと感じる」(33歳)
「愛情がない一言だと思う」(38歳)

【10位 スタイルがよくない】
「コンプレックスを指摘されるようで嫌」(26歳)
「体型を言われるのが一番傷つく」(26歳)
「自信がなくなるから」(33歳)

以降、番外では【11位 かわいげがない(50pt)】「女性としての良さを否定されているから」(37歳)、【12位 男っぽい(44pt)】「もはや女として見られていないのかと思うと、やるせない」(26歳)、【12位 癒されない(44pt)】「一緒にいたいと思われてない」(33歳)など。恋人という気心知れた仲だからこそ、言ってはいけないこともある。「冗談のつもりだった」なんて言い訳は通じないと肝に銘じて、失言には十分ご注意を!

(有栖川匠)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/26(火) 18:58

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。