ここから本文です

女子が浮気を疑う「LINE行動」TOP10

R25 7/7(木) 7:00配信

女性の勘は鋭い。ちょっとした行動の変化から、彼氏の浮ついた心のうちを察知することもあるという。たとえばLINEなら、どんな行動から疑われることがあるのだろうか? 実際に浮気しているかどうかは別としても、「これをしていたら浮気を疑う!」というLINE行動について、20~30代の未婚女性200人にアンケート調査を行った。

■女子が浮気を疑う「LINE行動」TOP10
(浮気を疑う行為すべてを選択。R25スマホ情報局調べ・協力/ファストアスク)

1位 LINEアカウントを2つ以上作った(40.1%)
2位 LINEパスコードを設定するようになった(32.4%)
3位 LINEのメッセージがきても目の前で画面を確認しようとしない(31.5%)
4位 LINEのポップアップが急に非表示になった(28.8%)
5位 LINEのポップアップが見えないように、テーブルに置くとき、画面を下向きにする(21.6%)
6位 既読から返信までの時間が長くなった(17.6%)
7位 個別通知をオフにしている「友だち」がいる(17.1%)
8位 見慣れないスタンプを急に使い始めた(15.3%)
9位 トーク履歴が異様に少ない(12.2%)
10位 「ブロック」している女性らしき友だちが多い(9.0%)

※浮気をしていると疑うことはない(17.1%)

4割が“浮気を疑う”と回答したのは、「LINEアカウントを2つ以上作った」。「仕事用として…」という男性もいるだろうが、LINEはそもそもプライベートを中心に使うツール。「何のために必要なの?」と思ってしまう女心は理解に難くない。そのほか、「LINEパスコードの設定」「ポップアップが非表示」などセキュリティ対策の強化も、疑われる行動として挙げられた。

なお、回答者に項目を選んだ理由も聞いたところ、以下のようなコメントが寄せられている。

【1位 LINEアカウントを2つ以上作った】
「彼女にバレないようにもう1つのアカウントで連絡をとっている可能性があるから」(25歳)
「普通に生活していればアカウントは複数必要ないから」(27歳)
「もう1つ作る理由が他に見当たらない」(29歳)
「携帯の2つ持ちも浮気しているときくので、アカウントを複数持つのも同じことだと思います」(35歳)

【2位 LINEパスコードを設定するようになった】
「見られてはいけないことを物語っているから」(27歳)
「ロックをかけるということは何か見られたくないことがあるから」(32歳)
「見られたくないトークの存在がうかがえるから」(34歳)
「万が一でも見られたくないからパスコードを設定してするのだと思うから」(36歳)

【3位 LINEのメッセージがきても目の前で画面を確認しようとしない】
「やましくないのならその場で確認したらいいと思うから」(27歳)
「やましいから返事をしないと解釈」(31歳)
「今まで見ていた物を見なくなるのは不自然だと思うから」(37歳)

【4位 LINEのポップアップが急に非表示になった】
「何もないなら非表示にする必要がないんじゃないかと思うから」(20歳)
「やましいことがないなら、表示できるはずだから」(29歳)
「見られたくないもの、見せられないものがあるのが怪しい」(36歳)

【5位 LINEのポップアップが見えないように、テーブルに置くとき、画面を下向きにする】
「見られてはいけない様な会話をしているのかと思うから。急にそうなったら疑う以外ない」(34歳)
「ポップアップを見られているかもしれない、と疑い隠す行為にやましさを感じる為」(36歳)

【6位 既読から返信までの時間が長くなった】
「返信が遅くなる=他に夢中になる人がいるからと思ってしまう」(30歳)
「自分に使う時間が他の人にいったと思うから」(37歳)

【7位 個別通知をオフにしている「友だち」がいる】
「その必要性を感じないから」(29歳)

【8位 見慣れないスタンプを急に使い始めた】
「人の好みを意識して、影響されているから」(31歳)
「スタンプに興味がない人が急に使い始めたので」(37歳)

【9位 トーク履歴が異様に少ない】
「そんなに少ないはずがない」(25歳)

実感のこもったコメントがズラリ…。上位にランクインした、画面やトーク内容を隠すような行動に対しては、一様に「やましいことがなければ隠すな!」というメッセージが込められているようにも思える。

やましいことがなくても、妙な疑いをかけられてギスギスするのはお互いにとって良くないもの。上記のような行動はとらないのが吉?

(山川 剛)


記事提供/『R25スマホ情報局』
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/7(木) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。