ここから本文です

夫婦の幸福度、キーワードは『クックパパ』?

R25 7/7(木) 7:00配信

夫婦の幸福度、キーワードは『クックパパ』?

写真:R25 夫婦の幸福度、キーワードは『クックパパ』? より

共働き夫婦にありがちな悩み、それは「どちらが夕飯を作るか」ではないでしょうか。一般的には、ママが作ることが多いと思いますが、ママにしてみれば「せめて休日くらいは…」というのが本音ですよね。じつは、料理をするパパ、『クックパパ』がいると、家族の幸福度が高くなると言われているのです。

●料理が夫婦の絆を深める?
2015年にヨシケイ開発株式会社が発表した、興味深いアンケート調査を紹介します。調査のテーマは「夫の夕食作り参加に関する意識・実態調査」というもの。共働き夫婦1200名を対象に行われました。

まず、クックパパには平日クックパパと休日クックパパがいることを前提にしてください。それぞれの幸福度を問う項目がありました。

□夕食を作ると幸せを感じますか?
・平日クックパパ
とても幸せを感じる(29.0%)
まあまあ幸せを感じる(51.5%)
あまり幸せを感じない(16.5%)
まったく感じない(3.0%)

・休日クックパパ
とても幸せを感じる(18.5%)
まあまあ幸せを感じる(66.5%)
あまり幸せを感じない(14.0%)
まったく感じない(1.0%)

平日・休日クックパパどちらも、およそ8割のパパが幸せを感じているのだそう。反対に、「まったく感じない」というパパがごく少数。意外にも、料理を楽しんでいるパパは多いこの結果に、驚きを隠せません。


●共働き夫婦ならでは!モチベーションはママ!
続いて、「あなたが夕食を作るモチベーションは何ですか?」という項目。こちらも、意外な結果がズラリ。

□夕食作りのモチベーションTOP3
・平日クックパパ
1位:妻の負担を減らしたい(45.5%)
2位:妻や家族が喜ぶから(44.0%)
3位:もともと料理が好きなので(41.5%)

・休日クックパパ
1位:妻の負担を減らしたい(55.0%)
2位:妻や家族が喜ぶから(49.0%)
3位:もともと料理が好きなので(32.0%)

どちらも上位3つはまったく同じという結果に。「自分のほうが帰りが早いから」「分担で仕方なく」などの「義務的」な意見は、どちらも10%を下回り、ほとんどありませんでした。「ママや子どもたちのために」パパなりの優しさなのかもしれませんね。


●クックパパとママでは金銭感覚が…
本調査には、ママからクックパパへのリクエストも掲載されているのですが、満足しているママが多い印象。以下にまとまめました。

□クックパパの妻たちの意見
・平日クックパパの妻
1位:材料費をかけすぎないでほしい(32.5%)
2位:とくに要望や希望はない(29.0%)
3位:レパートリーを増やしてほしい(25.0%)

・休日クックパパの妻
1位:材料費をかけすぎないでほしい(37.0%)
2位:今以上に作ってほしい(26.5%)
3位:味付けを控えめにしてほしい(25.5%)

もっとも多かったのは、「材料費」について。ママたちのように特売品を確認したり、あとのことまで考えて買ったりできないパパは、たしかに多い気がします…。

また、平日クックパパに関しては、「とくに不満がない」というママは多い一方で、休日クックパパに関しては、「もう少し…」という声が。たしかに、平日と休日で分けるとバランスが悪いです。仕事の関係もあるとは思いますが、一日おき・一週間おきなど、工夫するのもアリ?

料理をするパパの満足度が高く、ママも負担が減って大助かり。お互いにポジティブな効果が生まれているようです。「まったく料理してくれない」と諦めているママ! まずは夫婦で一緒に作ってみれば、パパも少しずつ変わるかもしれませんよ。
(文・明日陽樹/考務店)


記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/7(木) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。