ここから本文です

奇跡の絶景!与論島の“幻の白い砂浜”を目指して

東京ウォーカー 7/7(木) 19:00配信

鹿児島から南へ563キロ、沖縄本島の北23キロに位置する与論島。周囲23キロのこの島の魅力は、透明度が25~35メートルと非常に高いエメラルドグリーンの海と、真っ白な美しい砂浜だ。なかでも大金久海岸の約1.5キロ沖合に浮かぶ百合ヶ浜は、“幻の白い砂浜”と呼ばれ、一生に一度は行ってみたい名所となっている。

【写真を見る】25~35メートルと非常に高い透明度を誇るエメラルドグリーンの海

百合ヶ浜は、春から夏にかけて大潮の干潮時にのみ出現する。その日の天候や潮の流れによって大きさや形が変わるのも、幻と言われる所以だろう。さらに真っ白な砂浜で、年齢の数だけ星砂を拾えば幸せになれるという、ロマンティックな伝説もある。

百合ヶ浜へは、大金久海岸からグラスボートやマリンジェットを利用すれば、約5分で到着。抜けるような青い海とエメラルドグリーンの海にはさまれ、ぽっかり浮かぶ姿はまさに楽園。与論島観光客の大半が、わずかなチャンスを求めて大金久海岸を目指すのもうなずける、奇跡の絶景が広がる。

バラエティ番組の視聴者投票で、世界ベストビーチランキングの1位にも輝いた百合ヶ浜。この夏は、癒しと幸せを求めて、与論島で絶景リゾートを楽しんでみては?【福岡ウォーカー】

最終更新:7/7(木) 19:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。