ここから本文です

島崎信長が「はんだくん」愛を語る、「半田軍は安泰!」

Smartザテレビジョン 7/7(木) 19:47配信

ヨシノサツキの人気漫画「はんだくん」のテレビアニメの放送が7月7日(木)よりTBSほかで放送開始する。

かっこいいキャラである半田を演じる島崎は「心の声と周りに言うセリフを切り替えています」と語る

同アニメは、本当は人気者なのに、さまざまな勘違いを重ねて嫌われ者と思い込んでいる書道家の高校生・半田清と、彼を取り巻く濃厚なキャラの同級生たちが繰り広げる日常を描いた、ネガティブ青春ギャグコメディだ。

放送に先駆け、主人公の半田清の声を務める島崎信長にインタビューを行った。

――作品の印象はいかがですか?

オーディションの時に、資料として漫画をまず1巻だけ読んでみたら、面白すぎて一気に全巻揃えて読んでしまいました。“勘違いのコントラスト”が光っている作品ですよね。

人とはここまで勘違いができるものなのか、と(笑)。

周りが半田のことを好きすぎて盛り上がれば盛り上がるほど、気付かない半田は1人だけネガティブな方向に盛り上がって…でも、お互い勘違いしているのにある意味かみ合ってしまっているのがアフレコしてても面白いですね。

個人的には美代子ちゃんが好きです。原作を読んでいて、消しゴムにまつわる出来事から一番心を壊してしまった人物なのですが、初登場のときからすっごくかわいくて。彼女は謎の進化を遂げていくので、アニメでの活躍も楽しみです。

――出演が決まったときの気持ちは?

もちろんうれしかったですし、ほかの登場人物、特に半田を取り巻く“半田軍”の声を誰がやるのかが気になりました。

原作でいうと、僕は特に半田軍のメンバーの筒井あかねが好きで。パンチの効いた見た目で、でも中身は一本筋が通っている。「半田さん尊敬してます!」って男らしさがいいですよね。彼を細谷(佳正)さんがやられると聞いて、「やったぜ!」ってガッツポーズしました(笑)。

――かっこいい半田を演じる上で、意識していることはありますか?

心の声と、周りに言うセリフで、切り替えています。

心の声を通して視聴者の皆さんが見る半田は情けなさや焦りもあって、コミュニケーションが苦手でネガティブ…かっこいいというよりは、むしろかわいいところが見える、等身大の半田なんですよ。

一方、物語の中のキャラが見る半田は、かっこよくてぶっきらぼう。「どうしてそうなんだろう」って考えたら、半田って追い詰められていることが多いんですよね。だからこそ発言が固くなったり、精一杯虚勢を張った結果、言葉が強く出てしまったりする。場面ごとに、半田の気持ちを考えながら演じています。

あとネガティブになりすぎないように意識しています(笑)。本筋としては“ギャグコメディ”ですし、自身が嫌われていると思い込んでいる人間をあまり生々しく演じてしまうと、痛々しくて見ていられないものになってしまうので。勘違いから生まれるネガティブさを面白く見せられたらいいなと思って取り組んでいます。

――「はんだくん」の肝の1つでもある、テンポのいい会話の掛け合いはいかがですか?

とても面白かったです。テンポもノリも良く、一体感がありました。メンバーを聞いたときから面白くなるとは思っていましたが、アフレコが始まって確信に変わりました。「はんだくん」を支える半田軍は安泰です! 半田軍を始めとした周りのみんなが最高に面白くしてくれるから、僕は軸となる半田のラインをしっかり守っていこうと思います。

※島崎信長の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

最終更新:7/7(木) 19:47

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集