ここから本文です

家事の達人も認める!「予防家事」読者テク編1

東京ウォーカー 7/7(木) 20:00配信

菌やカビに負けないように、でも、できるだけラクしてみんながやってる“予防家事”。知的家事プロデューサーの本間朝子さんも「ナイス!」と認める、読者発のテクをご紹介!

【写真を見る】除湿器をフル稼働させて、家の中に湿気をためない!

1.布巾はどんどん取り替え、まとめて漂白/キッチンの布巾は、湿ったまま使い続けると雑菌が繁殖するので、たくさん用意。汚れがついたり、湿ってきたりしたらどんどん取り替えて、一日の終わりに使った布巾をまとめて漂白しています。(岐阜県 R・Kさん)

2.除湿器をフル稼働させて、湿気をためない!/湿気が気になるときは、2台の除湿器をフル稼働させ、家の中に湿気をためないようにしています。外出中も稼働したままに。また、洗濯物の部屋干しは、エアコン+除湿器を使い、できるだけ速く乾かすようにしています。(神奈川県T・Yさん)

3.生ゴミの水けをしっかり切って臭い防止/生ゴミは水けをしっかり切って新聞紙に包み、スーパーでもらうポリ袋に入れてイヤな臭いを防ぎます。排水口のゴミは、牛乳パックに。毎日ゴミを捨てられる集合住宅なので、こまめに捨てるようにしています。(千葉県 H・Aさん)【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/7(木) 20:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。