ここから本文です

マンU、ムヒタリアン獲得を正式発表「モウリーニョの信頼に感謝」

フットボールチャンネル 7/7(木) 0:37配信

 マンチェスター・ユナイテッドは6日、ドルトムントからアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの獲得を発表した。両者は延長オプションのついた4年契約を締結している。

 ウクライナのシャフタール・ドネツクから2013年にドルトムントへ移籍したムヒタリアンは、10番を背負って香川真司やマルコ・ロイスらと攻撃の中心を担った。在籍3シーズンでリーグ戦88試合に出場し23得点を挙げている。

 ムヒタリアンにとってプレミアリーグは初めての舞台になる。「ユナイテッドに加入したことは僕にとって非常に誇らしく、夢が叶った。輝かしい歴史を持つクラブでプレーできることに興奮しており、長くこのクラブの一部であれることを願っている」とクラブ公式サイト上で喜びを語った。

 また、「クラブとジョゼ・モウリーニョの信頼に感謝したい」と自らを迎え入れてくれた指揮官に感謝を述べた。

 今夏3人目の新戦力をユナイテッドのモウリーニョ監督もムヒタリアンについて「ヘンリクはクラブと代表の両方で多くのものを見せてきた非常に才能豊かな選手だ。彼は素晴らしいスキルやビジョン。ゴールへの眼を持った本物のチームプレーヤー。ユナイテッドとの契約を選んでくれて嬉しく思う。私はプレミアリーグに適したスタイルの彼がすぐにでもチームにインパクトを与えてくれると信じている」とコメントし、評価の高さをうかがわせた。

 ドルトムント時代は2014年のDFBポカール以外タイトルに恵まれなかったムヒタリアン。新たに挑戦するイングランドの地で、経験豊富な指揮官とともにこれまで逃し続けてきたタイトルに手は届くのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:7/7(木) 6:19

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。