ここから本文です

アンカー・ジャパンが、熊本地震の被災地へポータブル電源「Anker PowerHouse」100台を無償提供

リスク対策.com 7/7(木) 12:01配信

1台でスマホは40回、ノートパソコンは15回のフル充電が可能

デジタル製品の開発・製造・販売するアンカー・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区)は、被災地への支援システム「スマートサプライ」を通じ、ポータブル電源「Anker PowerHouse」100台を5月から無償提供する。熊本地震の被災地向け支援物資をはじめ、今後の災害に備えた緊急支援物資として活用される。

Anker PowerHouseは、USBポートからスマートフォンを約40回、ACコンセントからノートパソコンを約15回フル充電できる。またキャンピングライトは約100時間、ミニ冷蔵庫は約7時間、TVなら約4時間の連続使用ができ、緊急時の蓄電池としても使える。出力端子としてUSB x4(5V/合計6A、各ポート最大2.4A)、シガーソケット(DC 12V/10A)、コンセント端子(AC110V~/1.29A)を備えた。充電はACアダプターを使用する。

バッテリーマネージメントシステム(BMS)により電圧や温度を適切に管理し、高い安全性を確保。アクティブ方式のセル・バランシングを採用することで、バッテリーのエネルギー効率を最適化と、バッテリーの寿命の長期化も実現した。サイズは約200mm×145mm×65mm、重さは約4.3kg。一般発売は6月6日で、Amazon.co.jp、その他販売チャネルで販売する。オンライン直販価格は50,000円(税込)の予定。

スマートサプライは、一般社団法人Smart Survival Project(スマートサバイバープロジェクト)が運用する、被災地などへ物資やサービスを支援するシステム。「必要な人に必要な支援を必要な分だけ届ける」プラットフォームとして、東日本大震災時に3000カ所以上を継続的にサポートした仕組みを発展させ開発した。多様な機能を備えていて、ユーザーの立場によりさまざまなメリットがある。必要な支援が「見える化」しているので、支援したい人・支援がほしい人、双方のニーズをマッチングし、有効活用できる仕組み。熊本地震災害のほか、2015年秋の関東・東北豪雨災害、東日本大震災、ネパール大震災などで、この仕組みを使った支援が行われている。

【製品の仕様】
容量:14.4V / 434Wh
入力:DC 16.8V / 7.5A
出力:DC: 12V / 10A
AC: 110V ~ 1.29A
USB: 5V / 6A (各ポート最大2.4A)
出力ポート数:DC x 1, AC x 1, USB × 4
サイズ:約200 × 145 × 65mm
重さ:約4.3kg

リスク対策.com

最終更新:7/7(木) 12:01

リスク対策.com

なぜ今? 首相主導の働き方改革