ここから本文です

キャサリン妃ママ“還暦超え”に見えないセクシー体型

25ansオンライン 7/7(木) 12:10配信

1年ぶりにまた今年もウィンブルドン観戦に登場のキャサリン妃ママ キャロルさん。もちろんお隣にはだんなさまのマイケルさんもご一緒です。一時期は不仲説もささやかれたご夫妻でしたが、やはりミドルトン家の絆は強し、以前と変わらぬナチュラルな雰囲気で観戦されていました。
4日目となる30日(木)、ちょうど娘キャサリン妃がフランスでの公務中、母と父はウィンブルドンのロイヤルボックス席にいらっしゃったわけです。ピッパさんは、早々に初日、弟ジェームズさんと観戦でしたね。
それにしても、ひさびさに目撃されたキャロルさんでしたが、相変わらずお若い! 昨年還暦を迎えられ、現在61歳とは思えないですよね。キャサリン妃が学生の頃、娘のダイエットに一役買ったとも言われている母だけに、やはりご自分の“美”管理もしっかりされているのでしょう。きっとエクササイズも欠かさない?とみられる、セクシー体型も変わりません。
ライトブルーのVネックノーカラージャケットは、七分袖にウエストもキュッと締まったシルエットと、キャサリン妃スタイルとポイントは同じ。中に着たドレスもネイビーベースの変則ドットプリントに、自然な広がりがでるフェミニンなスカートと、キャサリン妃が着ていてもおかしくないデザインですね。この膝丈がしっくりお似合いというだけでも十分すごい。ブルー系でそろえたカラーコーデも、ウィンブルドンという場所にはもちろん、若々しさに拍車をかけてくれています。
そして小物使いにも、ベージュのバッグにヌードカラーのパンプスと、やはり親子、キャサリン妃と似たものがありますね。ママは太ヒールの6cmと安定ヒールを選ばれていますが。やはり小物を黒よりヌードにするだけで、軽さ=若さが出ます。
ところで、キャロルさんのこのドットのドレス、ブランドはイエーガーのものですが、実は以前にも着用姿が目撃されていました。2014年ケンジントンパレスで行われたジョージ王子のバースデーパーティに向かう際運転するキャロルさんが着ているのが同じドレスでした。その時にはジャケットはなしでドレス一枚で華やかに。でもしわになりにくそうな素材ゆえに、運転もバッチリだったと予測します。
そんな、ファッションからも仲良しっぷりがうかがえる着まわし上手なミドルトン家母娘は、テニス好きももちろん同じ。

【出産直後ウィンブルドンで観戦するキャサリン妃】

キャサリン妃は、まだウィンブルドンで観戦はされていませんが、もうそろそろ登場のはず。昨年観戦されたのは、やはり大ファンであるアンディ・マレーの準々決勝の試合でした。そういえばこの時といえば、シャーロット王女を出産後ほんの2カ月後でしたが、すでにお腹はぺったんこ。今写真だけで見ると、出産後とはまったく気づきませんね。おそるべし、キャサリン妃。アンディ・マレーが勝ち進んでいくことを期待しつつ、今年も準々決勝あたりでアツく応援!といったところでしょうか。
毎年何かしら、ウィンブルドン・テニスに関連した色やデザインをファッションにも取り入れ、楽しませてくれるキャサリン妃。今週中の、嬉しいサプライズ登場に期待ですね。

MIZUHO NISHIGUCHI

最終更新:7/7(木) 12:10

25ansオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヴァンサンカン

ハースト婦人画報社

2017年1月号
2016年11月28日発売

特別定価:880円

『25ans』は、華やかで幸せな女性たちに、
今の時代のラグジュアリーを体験するための
インターナショナル・マガジンです。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。