ここから本文です

【ゴルフ】ツアープロが伝授してくれる2つの魔法アプローチ【激スピン&ロブショット】

エイ出版社 7/7(木) 17:10配信

アプローチ名人の道を突き進んでみよう!

上級者っぽく見える、劇スピンでキュキュッと止まる球、ロブショットでフワッと寄せる球の打ち方をツアープロがやさしく教えてくれた。コレをマスターして、アプローチ名人の道を突き進んでみよう!

〈激スピン〉急激にスピンがかかって減速する

低く打ち出されたボールがワンバウンド目でグッと減速し、キュキュッとスピンがかかって止まるアプローチ。ヘッドを上から鋭角に入れて打つだけ。


〈ステップ1〉ボールを右足の外に置く
まずポイントがボール位置。スタンスの外側に出るくらい、右寄りにボールを置く。必然的にかなりハンドファーストの構えになる。体重は左足にかけること。

〈ステップ2〉コックを使ってクラブを上げる
バックスイングはアーリーコックのイメージ。アドレス時の左足体重をキープしたまま、体重移動を行わずにコックを使ってクラブを上げる。

〈ステップ3〉打ち込むだけでフォローを取らない
クラブヘッドを鋭角に下ろしていく。フォローは取らず、ドンと地面を打ち込んだら終わり。ミスの定番ザックリと紙一重のテクだけに、練習が必要だ!

〈ロブショット〉体が上下に動くとミスにつながる

ロブショットでもっとも重要なことは、体を上下動させないこと。頭が下がれば手前をダフるし、上がればトップするので注意しよう。


〈ステップ1〉体もフェースも開く
フェースを開いた分だけ、体も開いてオープンスタンスにする。ヘッドのリーディングエッジはターゲットの方向に向くようセット。ボール位置は左足つま先の前でOK。

〈ステップ2〉お腹に力を入れてヒザの高さをキープ
通常のアプローチよりもワイド&オープンスタンスで、ヒザを軽く曲げ、腰を落としてハンドダウン気味に構えるのがポイント。体が上下しないためには、お腹に力を入れ、ヒザの高さをキープするようにしよう。

〈ステップ3〉アップライトに上げてクラブを切っていく
打ち方はシンプルで、アップライトに振り上げてカットに下ろしていく。クラブを切るイメージとなる。フェースは絶対に返さないよう、手首を固定して、体の動きだけで左に振り抜いていこう。

(EVEN編集部)

最終更新:7/7(木) 17:10

エイ出版社