ここから本文です

伝説の将軍に並んだ! ベイルとの銀河系対決を制したC・ロナウドがEURO歴代9得点で最多ゴールタイに!

Football ZONE web 7/7(木) 6:48配信

準決勝ウェールズ戦でプラティニ氏に並ぶ欧州史上最高のスコアラーに

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)が伝説の「将軍」と肩を並べた。欧州選手権(EURO)準決勝ポルトガル対ウェールズでロナウドは1ゴール1アシストの活躍で2004年大会以来となる決勝進出に大きく貢献。決勝点となった先制点は自身にとって大会通算9得点目で、元フランス代表の伝説的司令塔、ミシェル・プラティニ氏に並ぶ歴代最多タイ記録となった。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 鍛え抜かれた全身の筋肉を躍動させた、ロナウドらしい一撃だった。スコアレスで迎えた後半4分、ポルトガルは右CKからショートコーナーを仕掛けてゴール前にクロスを送ると、強烈な跳躍力を見せたロナウドのヘディング弾が炸裂する。会心の一撃の後にはコーナーフラッグに走り寄り喜びを爆発させる。ジャンプしながら両手を大きく広げ、背番号7を誇示するお馴染みのゴールセレブレーションも飛び出した。

 ロナウドの今大会3得点目は、EURO史に残る一撃ともなった。かつてフランス代表の中盤に君臨して「将軍」の異名を取ったミシェル・プラティニ氏に並ぶ歴代個人最多タイ記録の大会通算9得点目となった。

 また今大会ではグループステージ第3戦ハンガリー戦で挙げた得点によって、史上初となる4大会連続ゴールと最多試合出場(準決勝終了時点で20試合に更新)を果たしている。ハンガリー戦後には「記録? いつも言っているけど、自然に生まれてしまうんだ」とロナウドらしい自信満々のコメントを残している。

試合後にはレアルの同僚ベイルを慰める優しさも

 今大会のロナウドはGS第2戦オーストリア戦でのPK失敗で批判を浴び、FK精度の低さを指摘されるなどの報道が出た。その影響かポルトガル地元テレビ局の取材陣のマイクを奪い、湖に投げ捨てるという蛮行に打って出るほど、精神的に追い詰められていた。しかし大会をこなすごとに調子を上げてきたのは確かで、ウェールズ戦では先制点の3分後にアシストを記録するなど、やはりポルトガルには不可欠な存在だ。

 2-0で勝利後、敗戦に打ちひしがれるレアルの同僚FWギャレス・ベイルに言葉をかけた。今大会のMVP候補と呼べるレフティはアーセナルMFアーロン・ラムジーという中盤の核を出場停止で失ったウェールズで孤軍奮闘した。全世界で注目を集めた見ごたえ抜群の「銀河系対決」で勝利したロナウドは試合後、ベイルを抱擁するスポーツマンらしさも見せた。ゴールという結果で充実感を漂わせるCR7には、得点王のチャンスも出てきた。決勝の舞台で記録更新となるゴールを決めて、優勝と個人タイトルの2冠を手にすることができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/7(木) 6:48

Football ZONE web