ここから本文です

お台場に「装甲騎兵ボトムズ」VRコンテンツが登場

KAI-YOU.net 7/7(木) 16:02配信

東京・お台場ダイバーシティにて開催されているVR(ヴァーチャルリアリティ)コンテンツにフィーチャーしたイベント「VR ZONE Project i Can」にて、新アトラクション「装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎」が7月15日(金)より稼働となる。

所要時間は約8分。体験料は651バナコイン(バンダイナムコグループのサービス用電子マネーで700円相当)で、Webでの事前予約にて体験者を募集している。

『装甲騎兵ボトムズ』の世界観を体感できるVRコンテンツ

「装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎」は、サンライズ制作のロボットアニメ『装甲騎兵ボトムズ』を題材としたVR-ATシュミレーター。

作中に登場する兵器「スコープドッグ」に乗り込み、VRならではの迫力の映像と体感マシンが与えるコックピットの臨場感とともに、隣同士で1対1のリアリティあふれるロボットバトルを楽しむことができる。

VRエンターテインメント研究施設「VR ZONE Project i Can」では、このほかにも、ステージ上に立ったスーパースターさながらのライブ空間を体験できる「マックスボルテージ」も合わせて稼働される予定だ。

かまたあつし

最終更新:7/7(木) 16:02

KAI-YOU.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。