ここから本文です

センバツでプロも注目、長田・園田涼輔。偏差値70超進学校のエースは甲子園に導けるか【2016年夏 各地区逸材ファイル8】

ベースボールチャンネル 7/7(木) 17:00配信

県下トップクラスの進学校

 今年の春のセンバツ。
 21世紀枠で選出され、創部94年目で、初となる甲子園に足を踏み入れた長田高校。エースの園田涼輔は、大舞台で九州の強力海星打線を3安打に抑える好投を見せた。

 味方のエラーが絡み3失点を喫したが、決して高くなかった前評判を覆し甲子園を大いに沸かせた。

 前日まで園田は、「僕が崩れると試合にならない。多くの人に応援してもらっていたので、下手な試合はできない」と大きなプレッシャーを感じていたが、試合後のインタビューで味方のエラーと自身の将来について聞かれると、「想定内。難しい打球もアウトにしてくれた。宿題も溜まっているし、明日からは塾にもいかないといけない。将来は大企業の研究者になりたい」とチームメイトを気遣う対応を見せた。

 プロ注目の難関国公立工学部を志望する秀才右腕は、最後の夏にどんな想いで挑むのか。

 長田高校は兵庫県神戸市長田区に位置する公立校だ。

 公立高校としては、神戸高校、加古川東高校、姫路西高校らと並び県下トップクラスの進学校として名高く、その偏差値は70。野球部に限っても、ここ10年間で東京大学3名、京都大学15名、大阪大学へ20名進学者を輩出しており、毎年200人程の生徒が国公立大学へと進学する。

 さらに野球部はここ10年で激戦区の兵庫予選でベスト8に3度進んでおり、陸上部やサッカー部も県で上位とまさに文武両道という表現が当てはまる。

 そんな長田を初の甲子園に導いたのは、エースで4番という絶対的存在である園田の存在が大きい。

昨年の夏を経て急成長

 もともと現3年生の世代は、部員数も少なく厳しい年という評判だった。

 園田自身も1つ上の代では、レギュラーとして活躍していたわけではない。ただ昨夏の三木北戦の敗戦以降、課題を見つめなおした結果、徹底した走りこみによる下半身の強化に取り組んだ。夏を超え、MAX135キロだった球威は増し、キレと持ち前のコントロールにも磨きをかけた。「走り込みによりボールが安定したことで、ピンチに動じないメンタル面も鍛えられた」というように、急成長を遂げた。秋季大会では、名門・神港学園らを相手に4試合で失点3、奪三振率11.42、与四球率1.56を記録し、ベスト8進出の原動力となった。

 園田の持ち味は低めにボールを集めるコントロールと、内外角に投げ分ける投球術だ。センバツでは高めにボールが浮く場面もあったが、試合数日前まで右肘の状態が思わしくなく「まともに投げられるかも怪しい状況だった」というコンディションを考慮すれば、充分合格点が与えられる内容といえるだろう。

 永井伸哉監督は園田をこう評価する。

「園田より早い球を投げる投手は全国にたくさんいると思います。ただ、園田ほど自分のベストな球をベルトより下に意図的に集めることができるコントロールを持つ高校生はあまりいないのではないでしょうか」

 事実、センバツ後にはセ・パ合わせてプロ野球5球団のスカウトが訪れたが、「キレのある速球とチェンジアップを低めに投げ分けるコントロールは高校生離れしている」との評価を受けた。

 躍動感あるフォームから投げ込むキレのあるMAX140キロのストレートに、チェンジアップ、スライダー、カーブ、フォークを織り交ぜるクレバーなピッチングスタイルを際立たせるのは並外れた観察眼だ。園田にピッチングの組み立てについて話を聞くと、こんなことを話していた。

「初球は長打だけを打たれないコースに投げ、最悪打たれてもよいという気持ちで打者の反応を見ることが多い。そこで、打者の狙っている球種を探るんです。そのことを意識しだしてから、だいたい打者の反応で狙い球がわかるようになりました。常に考えているのは、いかに相手の裏を突くかということです」

1/2ページ

最終更新:7/8(金) 0:18

ベースボールチャンネル

Yahoo!ニュースからのお知らせ